詩、短歌、俳句の新しいカタチを探ります。紙から飛びだした「ことばのかたち」をお楽しみください

誰でも明日のことは考える

  • バックナンバー一覧

誰でも明日のことは考える

歴程新鋭賞、芸術選奨新人賞を受賞し、一昨年は現代詩花椿賞を受賞した城戸朱理さん。普段は手書きという城戸さんが、今回は携帯で原稿を書き、送信しているそうです。それが作品にも反映されているのでしょうか? そんなことも考えながら城戸さんの世界をお楽しみください。

2014年05月12日発売
無料公開中

第1回   夢を見なくなると

第2回   ヒステリックな内面

第3回   片耳だけのピアス

第4回   他人の夢は変えられない

第5回   その花のことなら知っている

第6回   海を見ていた

第7回   アスピリンが必要な夜

第8回   真紅のグロスしか似合わない国

第9回   戦争が降ってくる

第10回 それをしも詩と呼ぶのなら

第11回 それでも川は流れている

第12回 ゴンドウクジラが打ち寄せられる日

第13回 夕焼けが紅いのは

第14回 ところで少女という存在は

第15回 もし罪にも名があるのなら

第16回 蒼ざめた魂のように



城戸朱理(きど・しゅり)

本名同じ。1959年岩手県盛岡市生まれ。20歳で「ユリイカ」新鋭詩人に選ばれ、その後、同人誌「洗濯船」に参加。詩集に『不来方抄(こずかたしょう)』(第5回歴程新鋭賞)、『幻の母』(第61回芸術選奨文部科学大臣新人賞)、『漂流物』(資生堂・第30回花椿賞)ほか『地球創世説』『世界-海』『現代詩文庫 城戸朱理詩集』など多数。平成25年度岩手日報文化賞(学芸部門)受賞。詩論・エッセイに『潜在性の海へ』『吉岡実の肖像』、翻訳に『エズラ・パウンド長詩集成』などがある。

ブログ:城戸朱理のブログ