100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

文芸 >> 小説


今宵、虫食いの喪服で

ゲス街道まっしぐら男の、究極の苦悩を一瞬にしてギャグに転換したのは、欲望の掃き溜めで働く、美しい風俗嬢のひと言だった―― 黄昏迫る大都会・東京。大女優の妖しげな唇から発せられた驚くべき真実。蘇るニューヨーク、パリ、アリゾナの記憶。裏切りと救済、憎悪と恩義。マイルス・デイビスの奏でるアランフェス協奏曲の旋律が、ろくでなし男の胸を掻き乱す。愛なき男の魂の彷徨を描く、ある夏の日の数時間の狂乱の物語。男は果たして恩人の祭壇に辿りつけるのか?!  迸るイメージの奔流。荒々しく、大胆な文体。予測不能の展開。 第121回文学界新人賞3次予選で散った、限りなくエンタメに近い哀しくも「笑える」純文学小説が、オリジナル電子書籍でゾンビのごとく復活。

2016年04月20日発売
660円(税込)

  • 書籍を購入する

目次

 

【第01回】
【第02回】
【第03回】
【第04回】
【第05回】
【第06回】
【第07回】
【第08回】
【第09回】
【第10回】
【第11回】
【第12回】
【第13回】
【第14回】
【第15回】
【第16回】
【第17回】
【第18回】
【第19回】
【第20回】
【第21回】
【第22回】
【第23回】
【第24回】
【第25回】
【第26回】
【第27回】
【第28回】
【第29回】
【第30回】
【第31回】
【第32回】
【第33回】
【第34回】
【最終回】