100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

【検索結果】"彩田眞里 "の一覧

文芸
小説  |
エッセイ  |
詩歌  |
戯曲・シナリオ
実用書
ビジネス  |
暮らし・子育て  |
語学・教養  |
コンピュータ  |
将棋・囲碁  |
地図・ガイド
スポーツ
ゴルフ
コミック
写真集・イラスト集
写真集  |
画集・イラスト集
その他
  • 【第15回】3,Kisaraz - (6)

    午後、友作は前から会う約束をしていた者と会うために、季範のタクシーで川越市に向かった。途中、川越の「庵寿」と言う所で昼食にした。茶そばを友作は注文し、季範はそば稲荷を注文した。

  • 【第14回】3,Kisaraz - (5)

    翌朝、どのチャンネルを回しても昨日のクーデター未遂のニュースが流れていた。新聞では大きく「地下鉄サリン事件以来の大規模組織テロ」と伝えた。

  • 【第13回】3,Kisaraz - (4)

    十六時五十分頃、総合庁舎前でタクシーに乗って友作の帰りをのんびり待っていた季範の携帯に一着の電話がかかって来た。陶組の組員からだ。

  • 【第12回】3,Kisaraz - (3)

    市原会は大騒ぎになっていた。
    市原会事務所の十五畳程の和室で里見の報告を受け、幹部や上級の組員が皆、動揺している。

  • 小説

    【第11回】3,Kisaraz - (2)

    友作がサイタマに戻ると、サイタマ自衛軍最高司令官の武石走と外務大臣の出口慎、警視庁長官の瀬谷十二を呼んで秘密会議を開くことにした。サイタマ国会の小会議場で友作が一足先に着いて待っていると、長身でがっつりした体型の武石と桑年の細身で端正な顔立ちをした瀬谷が入ってきて、六角形のテーブルにそれぞれ友作と話しやすい位置に腰を下ろした。

  • 【第10回】3,Kisaraz - (1)

    「開けろう! 開けんと爆破するぞ!」
    男達が、ある邸宅のドアの鍵穴二つを塞ぐ様にそれぞれ小型爆弾を仕掛けた。

  • 【第9回】2,Father - (5)

    損害割合がサイタマ十八パーセントのかながわ三十六パーセントでサイタマの圧勝であった。
    翌日の十日、かながわ経済主義国の国首今川旬斗はサイタマ総合庁舎の首相室に訪れ友作と会い、編入を決戦の結果より承認し、正式にかながわはサイタマに編入された。

  • 小説

    【第8回】2,Father - (4)

    開始二十分前になり、決戦についての諸注意が流れ始める。決戦には常にアメリカ軍や欧州連合軍の審判がついて行われ、この様にする事によって不正な決戦を避けられる。

  • 小説

    【第7回】2,Father - (3)

    翌四日午前、稲城友作は秘書である大吉英仁を解雇。内閣改造を稲城首相が考慮したのは大吉と坂戸が原因のため、その大吉を解雇した事により、内閣改造は白紙となった。

  • 【第6回】2,Father - (2)

    「スエノリの息子さん、サイタマのリーダーと成ったか。うむ。いいことだ」

  • 小説

    【第5回】2,Father - (1)

    日曜日、友作は一階から聞こえる言い争いの声で目が覚めた。友作はカーテンを両手でバッと開けて道路を見た。

  • 小説

    【第4回】1,Fujimino - (4)

    初めての首相の仕事を終えて友作が家に帰ってきたのは、十九時半であった。車が家の前に止まった事に気づくと友作の母は心配そうに玄関から出てきた。

  • 【第3回】1,Fujimino - (3)

    二十分で総合庁舎に到着し、友作と英仁は総合庁舎の広々としたホールに入った。ここで任命及び就任式が行われると英仁は友作に伝えた。

  • 【第2回】1,Fujimino - (2)

    翌日、それはいつもと変わらない週はじめの月曜日であった。友作も普通に登校して、自分の席に腰掛けた。

  • 小説

    【第1回】1,Fujimino - (1)

    サイタマ国の首相坂戸博直(六十四)は悩んでいた。
    この乱世とも言える時代であまりヘマをするような真似はしたくない。

1/2