詩、短歌、俳句の新しいカタチを探ります。紙から飛びだした「ことばのかたち」をお楽しみください

【作品】一覧

  • 短歌

    【第4回】第四週

    いつかガソリンが尽きるときも来る。
    よく目立つ赤い車はせめてもの擬装で夕暮れに燃え上がれ
    僕らの旅が終わるときも来る。

  • 短歌

    【第3回】第三週

    逃亡者はとりあえず海を目指すものなのだろうか。
    二人くらいは砂丘を目指してみるのもありなのではないだろうか。
    でも君が「海がいいの」と言った以上は従うさ。

  • 短歌

    【第2回】第二週

    雇ってもらうのは大変だったのに、
    クビにしてもらうのはずいぶんと簡単だった。
    上司の顔を殴るまでもなく、

  • 短歌

    【第1回】第一週

    月ばかり満ちてゆくから僕たちは浅瀬に暮らすしかない浅蜊
    「月曜日が嫌い」という君のために、
    僕は会社をクビになることに決めた。

8/8