詩、短歌、俳句の新しいカタチを探ります。紙から飛びだした「ことばのかたち」をお楽しみください

冬はつとめて

冬はつとめて

【第15回】髪

2015.05.16 | 花山周子

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


生まれたときから一度も切っていない髪は、彼女の背も伸びるので彼女の腰より高いところでいつでもととどまっているのを背後からじっと眺める。その先端は、彼女が生まれたときから生えていた、あの耳かきのふさふさのようにほやほやとやわらかで、抱いている私がため息をつくたびに眼下になびいていたのだ。私はそれをつまんで切って筆にしようと目論んでいたのに、切ることができず、人間の髪はどこまで伸びるのかという興味を捨てられず、筆にして水彩画を描きたいという欲望を捨てられず、違う、筆にしてそのやわらかになびくものをいつまでも頬に当てていたいとも思った。

 

2015.5.16

 

あなたにおすすめの商品