詩、短歌、俳句の新しいカタチを探ります。紙から飛びだした「ことばのかたち」をお楽しみください

私と遊んで

  • バックナンバー一覧

私と遊んで

詩集「指差すことができない」(青土社刊)で第19回「中原中也賞」に選ばれた大崎清夏さん。「雪」「啓蟄」「海」……。今回は冬から春にかけて作られた全16編を収録しました。普通の言葉が読みやすく心地いい詩です。季節を感じながらお楽しみください。

2014年01月14日発売
無料公開中

第1回   天地創造の日は雨だった

第2回   二十四節気なんて知らない

第3回   たのしいデモ行進

第4回   我ら装う

第5回   ベッドと朝食

第6回   雪の映画祭

第7回   沼津の少年愛

第8回   啓蟄

第9回   特別な日

第10回 胡蝶蘭なんて初めてもらった

第11回 忘れても

第12回 聞く係り

​第13回 私は私に

​第14回 海を見るのはとても難しい

第15回 地図

第16回 アンへリート


ohsaki.jpg 大崎清夏(おおさき・さやか)

1982年生れ・東京在住。 2011年ユリイカの新人(伊藤比呂美・選)。詩集に「地面」「指差すことができない」(ともにアナグマ社)がある。パフォーマーとして出没することもある。


写真:渡邊聖子
公式サイト:大崎清夏
TwitterID:@chakibear