特集 特集

正しく、美しく、伝わるビジネス文書の黄金セオリー

Macで極める日本語デザイン

文●大里浩二栗原亮小平淳一中村朝美矢口和則米谷テツヤ写真●黒田彰

ノンデザイナーも100%マスターできる魅せる文書の作り方

  • f37399f9c684bb8456d40706938af6a3.jpg

 

ビジネスパーソンとして恥ずかしい書体、記号、約物…… 使っていませんか?

デザインを直接扱わない職業の人、いわゆるノンデザイナーでも、
“デザイン力”が試される場面がたくさんあります。
クライアントに持っていく企画書や社内用のプレゼン資料……
メール1通だって、デザイン1つで「伝わり方」は格段に違ってきます。
また、Macでデジタル文書を作るとき、
多くの人は何気なく書体を選び、記号や約物を使っています。
でも、本当に正しく使えているのでしょうか?
本特集では、ビジネス文書をもっと美しく見せるための基礎知識から、
デジタル文書における日本語の鉄則や書体の使い分けのコツ、
さらに、明日の仕事に役立つ効果的なテンプレート作りについても解説します。
これを読めば、今まで失敗していた商談も上手くいくかもしれません。
さぁ、Macを使ってワンランク上の日本語デザインに挑戦しましょう。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額500円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

「この企画書のデザイン、どこがダメ?●Macで極める日本語デザイン」の目次