100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

文芸 >> エッセイ


就活すごろく、上がりはイタリア 上

39492_ext_02_0.png

昭和の世界を駆け抜けた、ある女性の実話エッセイ

幼少期にピアニストを目指し、西洋に憧れを抱いていた昭和12年生まれの著者。音楽学校からオーケストラ入りし、プロの音楽家を目指していたはずが、イタリアで仕出し弁当屋を開業したり、パリの香水屋でバイトをしたり、レストランを開業したり、洋服を売ったりしながら通訳になって…。著者が体験した、イタリアと日本を行ったり来たりの体験談。音楽家にこだわらず、「私にできる仕事は何だろう?」と、次々と新しい仕事に挑戦していった、昭和の女性のノンフィクション作品です。次々と職業を変えていくさまは、まるですごろくのよう。果たして、彼女は幸せな「あがり」にたどり着けたのでしょうか?

2013年06月14日発売
367円(税込)

  • 書籍を購入する

目次

【第0回】まえがき
【第1回】「バッソ・オスティナート」が消えた…
【第2回】イタリアとの出会い
【第3回】天からバイオリンが降ってきた! その上映画も……。
【第4回】音楽学校へ 恐怖のオーケストラ
【第5回】運が動き出す
【第6回】打楽器奏者 初舞台
【第7回】ラテンも楽し
【第8回】キートーも楽し 何でも楽し
【第9回】ついにヨーロッパヘ
【第10回】ウィーンからイタリアへ
【第11回】第二の転機
【第12回】スペインでの仕事 ピアノしかない!
【第13回】マドリッドで暮らして
【第14回】ヒントは「出前」新商売
第三章「弁当屋」の頃
【第15回】ミラノへ
【第16回】弁当屋開業
【第17回】商売、フタを開けてみれば…
【第18回】イタリアンセレブの生活
【第19回】労働許可に向かって一歩前進 パリへ
【第20回】香水屋でのアルバイト
【第21回】生パリジェンヌたち
【第22回】仕出し屋軌道に乗る
【第23回】やっとイタリア語習うが…
【第24回】レストラン開業、そうして倒産
【第25回】イタロとの別れ
【第26回】奥付

よしはらみどり

吉原みどり