特集 特集

Macの画面を音声付きで録画しよう

文●内山秀樹大須賀淳栗原亮中村朝美山田井ユウキ写真●黒田彰

Macの画面上の動きをキャプチャしたいとき、QuickTime Playerで画面収録できるのはご存じでしょう。しかし、そのままではMacのソフトから出ている音声が録音できないので、収録できる方法を解説します。

Macやソフトの操作説明をしたいときや、ゲームのプレイ動画をシェアしたいときなど、画面を録画したいシーンは意外と多くあります。また、ライブストリーミングを録画して残しておきたかったり、フェイスタイムなどのチャットも録画したいですよね。

そんなときに活躍するのが「クイックタイム・プレーヤ(QuickTime Player)」です。この画面収録機能で画面をすべて、あるいは一部分を録画できるのです。ところが、音声の入力先は内蔵マイクか外部ソースに限られてしまいます。つまり、サファリやiTunesといったMac上のソフトから出ている音声が入らないのです。自分の声で解説する操作ムービーを作るならいいのですが、ゲームのプレイ動画では無音声だと迫力が半減します。

そこで、「ループバック(Loopback)」の出番です。以前は「サウンドフラワー(Soundflower)」というソフトがありましたが、開発が止まってしまいましたので代わりのソフトとしてこのループバックがおすすめされています。有償なので継続利用するときはお金がかかってしまいますが、設定はサウンドフラワーよりも簡単です。

ループバックを導入したら、あとは普通の方法で画面収録するだけです。

 

必要なアイテム・ソフト

●Loopback
【開発】Rogue Amoeba Software, Inc
【価格】99ドル
【URL】https://rogueamoeba.com/

●QuickTime Player

 

 

 

STEP1・Loopbackをインストールする

Loopbackは、仮想オーディオインターフェイスを作るソフトで、Macで動作しているソフトを入力ソースにできます。これを画面収録時の音声入力ソースにすれば、Mac内で鳴っている音を動画に含めることができるわけです。たとえば、Skypeでのチャット中にマイク入力とiTunesをLoopbackでミキシングすると、相手に音楽付きであなたの声が届けられます。

 

Loopbackのインストール

  • 6ecf4cf8fb12f71cbb85590db553b001.jpg

公式サイトからダウンロードしたZIPファイルを解凍して、「Loopback.app」をダブルクリック。クイックスタートが開始されるので[Install]をクリックします。ログインパスワードが求められます。

 

Loopbackの設定

  • 47760bff30afbbc47517b5c6e83f2aba.jpg

インストールが完了したらそのまま設定画面に移行します。画面収録したいソフトを[+]ボタンをクリックして追加しましょう。複数のソフトを選べばミキシングされます。ここではSafariを追加しました。

 

サウンド入力に追加される

  • c5fe537e661ddab3517f6821a9debc2c.jpg

システム環境設定の[サウンド]パネルの[入力]タブで確認すると[Loopback Audio]の項目が追加されていることがわかります。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

たくさんの人に動画を見てもらうにはどうすればいい?

<<

「Macで作るイマドキ動画10分レシピ」の目次