特集 特集

「Keynote」でスクエア動画を作る!

文●内山秀樹大須賀淳栗原亮中村朝美山田井ユウキ写真●黒田彰

縦長や横長の動画はもう古い? これからは、スクエア(正方形)動画でSNSでも目立ちゃおう! ここでは、ビデオ作成にプレゼン作成ソフトのKeynoteを活用して、簡単にひと味違った動画を作る方法を解説します!

最近は、撮影した動画をユーチューブをはじめ、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムやLINEなどのSNSに投稿するのが一般的になりました。その中でもフェイスブックのタイムラインは、投稿した動画が人の目に触れる機会が非常に多い場所の1つです。

このタイムライン(フィード、ストーリーなどとも呼ばれます)ページでは、縦長や横長の動画も正方形のエリア内に表示される仕組みとなっており、少しでもほかの動画より目立たせるなら、画面内の面積を一番大きく利用できるスクエア動画がもっとも有利です。

しかし、1:1のアスペクト比を持つスクエア動画を動画編集して制作するのはとても手間がかかります。そこで、今回はそんなスクエア動画を、アップル純正のプレゼンテーションソフト「キーノート(Keynote)」を使って、簡単かつ見栄えよく制作する方法を紹介します。

プレゼンソフト最大のアドバンテージである、文字や写真、動画のアニメーションや、スライドのトランジション機能なども活用すれば、映像制作のセンスに頼らなくても、ほかの動画編集ソフトとは違ったオリジナリティあふれる動画作品を手軽に作り出せるはずです。

 

必要なアイテム・ソフト

●iPhoneで撮影した写真・動画
●Keynote
●写真

 

 

 

STEP1・動画と写真素材の下ごしらえ

まずは、スクエア動画のベースとなる映像素材を集めます。iPhoneで写真(縦長・横長)、動画(縦長・横長)を撮影し、さらにiPhoneのスクリーンショット画面も用意してみました。これらの素材がある程度そろったら、いよいよ「Keynote」アプリの出番です。ここでのポイントは、「テーマ」の選択と「スライドのサイズ」のカスタマイズです。スライドのサイズは、フルHD動画の長辺に合わせて「1080x1080」に設定しておきましょう。

 

素材は写真アプリで整理

  • d82414da70aafdaba2decef8c745f302.jpg

撮影した写真や動画、スクリーンショットは、iPhone上で不要部分のトリムやカラー補正などを行い、Mac標準の「写真」ソフトにあらかじめ読み込んでおきます。

 

Keynoteでテーマを選択

  • 650afdc86798b47715de59bc2013de4c.jpg

Keynoteを起動し、センスのよいテンプレートを選びます。デザインの手間も省け動画のクオリティも上がります。

 

ワンポイントテクニック

Keynoteのテーマをオンライン追加購入すると、簡単にバリエーションを増やせます。

 

 

書類設定でサイズ変更

  • 6cdc34911a7c2faf9127b9204b2d8279.jpg

テーマ決定後に表示されたスライド作成画面右上の[書類]ボタンをクリックし、[スライドのサイズ]のポップアップから[カスタムのスライドサイズ]を選び、幅、高さともに1080と入力します。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

ドローンなしで空撮風動画を撮ろう!
鳥の視点から見たような映像は視聴者の気分を不思議と高揚させます。しかし、ドローン撮影は規制が多く、初心者にはハードルが高いものになっています。もっとシンプルな方法で空撮風の動...

<<

「Macで作るイマドキ動画10分レシピ」の目次