特集 特集

これらを使いこなして、映像表現の可能性を追求しましょう

動画の幅を広げるイマドキ撮影アイテム

文●内山秀樹大須賀淳栗原亮中村朝美山田井ユウキ写真●黒田彰

動画の進化に合わせて撮影用のアイテムも種類が増えています。ここでは、本特集で登場するiPhone撮影やMacでの動画編集をアシストする便利なアイテムを紹介します。これらを使いこなして、映像表現の可能性を追求しましょう。

ミニドローンで空から撮影しよう

  • a8c2f06d168310121e6d264f0b5e5d0e.jpg

DJI SPARK

【発売】DJI JAPAN
【価格】6万5800円(税別)
【URL】https://www.dji.com/jp/spark

本格的な機能を持ったドローンの中では300gと小型なモデルで、初心者でも安全に操縦できる機能を搭載しています。写真撮影のほか1080p/30fpsの動画撮影が可能で、ジンバルを搭載することで飛行中の映像ブレを抑えられます。

 

  • b79d89fc043327626f05d4352aa9140e.jpg

別売りの送信機には専用アプリをインストールしたiPhoneを装着し、本体の操縦以外の機能を活用できます。

 

360°動画を4Kで撮影しよう

  • 8aeb1f3015db4982abef1c2603f658ff.jpg

RICOH THETA V

【発売】リコー
【価格】オープンプライス
【実売価格】5万2000円前後
【URL】https://theta360.com/ja/

本特集で登場する全方位のVR撮影や空間音声収録が可能な全天球カメラのハイエンドモデル。14Mピクセル相当の高画質で、まったく新しい動画体験を実現してくれます。360°ライブストリーミングにも対応しています。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

二極化が進む動画のワークフロー
「動画」といってもイメージするものは人それぞれです。まずは、ここ数年で大きく変化した動画制作ワークフローの背景を知り、私たちのiPhoneとMacがどのような役割を果たしてき...

<<

「Macで作るイマドキ動画10分レシピ」の目次