特集 特集

たくさんの人に動画を見てもらうにはどうすればいい?

完全に内輪向けの動画は別にして、せっかく動画を制作するのであれば、より多くの人に見てもらいたいと思うのが人情というもの。

しかし、世の中はそう甘くはありません。何の工夫もなくただ動画を配信するだけで何百人、何千人が見てくれることはないのです。もし視聴者を増やしたいのであれば、動画プラットフォームの選択、内容の工夫、各プラットフォームの機能の使いこなしなどを意識して戦略的に取り組むことが大切です。

SNSにおける動画プラットフォームと言ってもさまざまな種類があり、有名なものではユーチューブやニコニコ動画、ほかにもツイッターやインスタグラムも動画公開機能を備えています。まずはそれぞれの特徴をしっかり把握しなければいけません。

たとえばツイッターやインスタグラムはフォロワー以外にアピールする方法が薄いので、比較的知人に向けた動画に向いているといえます。もっと不特定多数に見てもらいたいのであれば、ユーチューブやニコニコ動画が向いているでしょう。

ただし、ニコニコ動画のカルチャーは少し(かなり?)独特です。画面に流れるコメントは誰が書き込んだのかわからないため、非常に高い匿名性を持ちます。また、人気のあるコンテンツはゲーム実況動画やボーカロイド、アニメ、歌、演奏、ダンスといったもので、年齢層も比較的若めです。「タグ」やユーザ広告システムなど、視聴者と動画を結びつける手段は豊富に用意されていますが、そもそもニコニコ動画のカルチャーに合っていないと、なかなか不特定多数の視聴者を獲得することはできません。

また、機能のすべてを使いこなすためにはプレミアム会員になる必要があり、月額540円かかります。視聴者の好みにうまくはまれば人気者になれる可能性がありますが、ややハードルが高いサービスといえるでしょう。

そうなると、現在のところ手軽に多くの視聴者を獲得するのであれば、ユーチューブがベターな選択肢といえます。言わずと知れた世界最大の動画プラットフォームであり、機能や画質・音質なども申し分ありません。基本的にお金もかかりませんし、アカウントがなくても閲覧自体はできるため、視聴者からしてもハードルの低いプラットフォームなのです。

ただし、その分、“つかみどころのない”プラットフォームともいえます。誰もが気軽に始められる半面、なんとなく制作した動画を投稿しても不特定多数の目に触れることは少ないのです。そんななかで視聴者を増やすのであれば、活用したいのが「カード機能」です。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

ゲーム動画を世界に配信しよう
テーマを自分で考えて話すのは苦手でも、ゲームのプレイ画面だったら皆に見せたいという人もいるでしょう。Twitchであれば、Macでプレイしているゲーム動画を世界中に配信できる...

<<

「Macで作るイマドキ動画10分レシピ」の目次