特集 特集

Facebook Liveで動画をライブ配信しよう!

文●内山秀樹大須賀淳栗原亮中村朝美山田井ユウキ写真●黒田彰

動画のもう1つの大きな潮流がSNSを利用したライブ配信です。ここではまず、多くのユーザが視聴しているFacebook Liveの配信方法を解説します。iPhoneアプリからの場合と異なり、Macでは一手間必要です。

知人や友人に向けて手軽に動画をライブ配信したいのであれば、「フェイスブック・ライブ(Facebook Live)」がおすすめです。通常の投稿と同じように公開範囲を選べるので、配信を見せたい相手を「公開」「友人」「特定のグループを除く友人」「自分のみ」などから細かく設定できます。

初めて動画配信に挑戦するときは、まず公開範囲を「自分のみ」で試してみるといいでしょう。また、誰が動画を見ているのかという情報が配信側からわかるのもフェイスブックならでは。比較的匿名性が低いので、仲間内で安心して配信できるのが大きなメリットです。

用意するものはカメラとマイク、それから配信用ソフト「OBSスタジオ」をダウンロードしてインストールしておきましょう。MacBookシリーズであれば、カメラもマイクも内蔵されているのでMacがあればすぐに配信できます。

もし、カメラをいろいろな角度で動かしたり、音質を向上させたりしたい場合は外付けの製品を別途用意するのもいいでしょう。配信が終わったあとは、配信内容を動画形式でフェイスブックに投稿するか、残さずに消してしまうかを選ぶことができます。

 

必要なアイテム・ソフト

●Facebook Live
●OBS Studio
【開発】Open Broadcaster Software
【価格】無料
【URL】https://obsproject.com/

●外部カメラ&マイク(任意)

 

 

 

STEP1・OBS Studioをインストール

配信ソフトOBS Studio(以下OBS)をダウンロードしてインストールしたら、配信のための設定をしていきます。ソフトを起動して[設定]から[配信種別]を[ストリーミングサービス]にします。[サービス]は[Facebook Live]に設定すれば準備OK。トップに戻り、[ソース]の[+]から画面に映したい映像ソースを選択します。Macの内蔵カメラを使うなら[映像キャプチャデバイス]を選びます。

 

OBS Studioをインストール

  • 2b4ddfa0d82d4231f2bc652c0ff49742.jpg

Facebook LiveをMacから配信するには、配信用ソフトが必要です。おすすめは「OBS Studio」。配信時にはこのOBSの画面がそのまま表示される画面となります。

 

Facebook Live用にOBSを設定

  • 6dcdb9089b17b816f9a6aaf47e32e171.jpg

Facebook Liveで使用する場合は[設定]の[配信]から配信種別とサービスを設定しておきましょう。

 

マイクとカメラの設定を調整

  • 186c2fe2adbfd28ee7ababef686cb417.jpg

もし外付けデバイスを使う場合は[設定]の[音声]から使用デバイスを変更します。基本はそのままでOK。

 

使用したい映像ソースを追加

  • 4fdeb0e8fc393ad3f8fd4634dd62b9d7.jpg

[ソース]の[+]ボタンを押して、配信画面に何を映すのかを選びます。さまざまな項目がありますが、外部カメラを使うなら[映像キャプチャデバイス]。Macの画面を写すなら[ウインドウキャプチャ]です。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

方法は千差万別! 多彩な動画を楽しむ
自分で動画を作成する際にiMovieなどのサンプル音源を入れるとワンパターンになってしまいます。とはいえ自分で作曲したり、イメージに合った著作権フリー音源を見つけるのはハード...

<<

「Macで作るイマドキ動画10分レシピ」の目次