特集 特集

VRカメラの三脚を簡単に消そう!

文●内山秀樹大須賀淳栗原亮中村朝美山田井ユウキ写真●黒田彰

手軽に入手できるようになったVR撮影専用カメラ。しかし、撮影者の手元や三脚が写り込んでしまうという弱点もあります。ここでは通常の「隠す」手法以外に「ボカす」「コンテンツの一部にする」という3つの異なるアプローチを紹介します。

「全部の方向が映せる」VR専用カメラの特徴は、同時に「カメラや撮影者、三脚なども映り込んでしまう」といった弱点にもなります。旅行記などであればそのままでも使えますが、ドラマなどのフィクションや広告素材の中にスタッフや機材が映ってしまうのは絶対にNGです。特にハイエンドな分野では、元々の存在がまったくわからないレベルまで修正される場合も多いですが、それには高度なノウハウが必要です。一方、単に「目隠し」するレベルでよければ、とても簡単な方法で実現できます。

具体的な手順は記事中に記すとして、ここでは「もともとの映り込みをいかに減らすか?」について触れておきましょう。リコーのシータ(THETA)など軽量なカメラを使っている場合、三脚ではなく自立できるタイプの一脚を使うと、映り込みの面積をかなり抑えることができます。また、多くのVR専用カメラはWi─Fi経由でiPhoneアプリでの操作が行えるので、撮影者は物陰などに退避するのがベターです。

また、目隠し処理を行う場合は、今回行っているロゴのほかに、メッセージを入れるなどコンテンツの一部として機能するような仕掛けを施すのも魅力的なアイデアといえるでしょう。

 

必要なアイテム・ソフト

●Adobe Premiere Pro
●Adobe Photoshop
それ以外の動画編集ソフトでも応用可能です。
●RICHO THETA V

 

 

 

STEP1・【基本】ベタ塗りの円形で隠す

三脚や撮影者は多くの場合「下部の中心」に映り込みます。VR動画の素材で用いられる正距円筒図法は上下に向かうほど歪みが大きくなるので、展開した状態で見るとかなりの面積を占めていますが、実際の表示ではずっと小さくなります。ただし、映像の下の部分にカメラを握った手や取り付けた三脚の部分が見えてしまうのは興ざめですので、何らかの方法で隠す工夫が必要です。一番簡単な方法は、目立たないように画像で隠してしまう方法です。

 

映り込みの範囲を確認

  • 47d7716af4ed0b226b154908b251feea.jpg
  • d4c847cbde143ea981926e03b68dd731.jpg

線で囲んである部分が、機材や撮影者の映り込んでしまった部分。最終的に中心で円形となる範囲が、展開状態では素材の下部に横幅一杯の状態で表示されます。

 

ベタ塗りの作成

  • 0050a731c7c19e4b75bee9d95fb62cd6.jpg

Premiere Proであれば新規で[カラーマット]を作成し、縦位置の調整で該当範囲を覆うように配置します。見た目が例のようになれば、ほかのソフトを使っても同様です。

 

プレビューして確認

  • 00071bf2122726e9cd2c1978269a85eb.jpg

この状態でプレビューすると、機材や撮影者の部分が円形で覆われた表示となります。とりあえず見えないように隠せばよい場合は、この方法だけでも十分実用になります。

 

ワンポイントテクニック

一脚の先端など、カメラのボディより細身のものに取り付けると写り込みの範囲を小さくできます。

 




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

iPhone映像だけでVR風動画を作ろう!
今いる空間上に別世界の映像を全周囲で表示するのがVR(仮想現実)映像です。専用のヘッドセットは高価で、作るのもプロ向けというイメージが強いですが、iPhoneで撮影した映像素...

<<

「Macで作るイマドキ動画10分レシピ」の目次