特集 特集

社員14人が語る“I BM流イノベーションの作り方”

IBM × Appleのビジネス大変革

文●栗原亮牧野武文編集部写真●黒田彰竹澤宏IBMapple.comイラスト●Chief Crow Daria

2014年にアップルとの提携を果たしたIBMは、MacやiPhone、iPadの導入を進め、ワークスタイルをモバイルを前提としたものへと変化させた。革命企業・IBMの試みに見習うべきところは大きい。

  • aaf55d2da1b909a0e0189885d88b2ae5.jpg

 

ITの急速な発展により、あらゆるビジネスが変化の波にさらされている。そうした時代の流れをいち早く捉え、テクノロジーによって企業のイノベーションを促進し続けているのがIBMだ。2014年にアップルとの提携を果たしたIBMは、MacやiPhone、iPadの導入を進め、自らのワークスタイルをモバイルを前提としたものへと変化させた。その経験やノウハウは、「IBM MobileFirst for iOS」をはじめとする各種ソリューションとして結実し、数多くの企業変革を促している。これまでにもさまざまなイノベーションを起こしてきたIBMは、なぜ新しい働き方へと舵を切ったのか? そこから生み出されるイノベーションとは? 働く人皆に変革が求められる今の時代、革命企業・IBMの試みに見習うべきところは大きい。その地平をともに読み解いていこう。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

「IBMに刻まれるイノベーションのDNA●IBM × Appleのビジネス大変革」の目次