特集

愛用している自宅のスピーカを高音質にワイヤレス化しよう

ワイヤレスの欠点

スピーカ、ヘッドフォンともに、最近はブルートゥースによるワイヤレス再生が半ば常識となっています。しかし、実はブルートゥースオーディオは「音質」の面で問題を抱えている場合が多く、人間が直接音として感じにくくなる帯域以上の情報を完全にカットしている場合も数多く存在します。MP3などの圧縮オーディオを再生した場合は、ソース自体の情報量が少ないために影響は少ないですが、ハイレゾのオーディオソースを再生した場合は、せっかくのメリットが完全に失われてしまいます。

ブルートゥーススピーカやヘッドフォンを使って高音質にワイヤレス再生したい場合、まずは高品質な転送規格である「aptX」や「AAC」に対応しているかの確認が重要となります。iOSデバイスはAACに対応しているため、より再生品質にこだわりたい場合はAAC対応の機種から選ぶと良いでしょう。

視聴して検討する際にわかりやすいポイントとしておすすめなのは、ジャズ音源などのシンバル音。高域信号がカットされた環境ではギスギスした音質になりやすいのに対し、高性能な機器では余韻まで自然に流れるような雰囲気が感じられ、多くの人が違いを感じます。可能であれば、量販店や専門店でいくつかの機器を是非聴き比べてみましょう。

 

愛用機をワイヤレス化

高性能なオーディオ機器でブルートゥース再生を行う際のおすすめ製品は、キッコサウンド(Quicco Sound)の「oh.1」などが挙げられます。本製品はAACへの対応でiPhone/iPadやMacとの相性の良いうえに、パーツの選別や設計により歪みや信号ロスの少ない構造となっています。廉価な機器は一聴して派手になるよう高域/低域を大幅に強調している場合も多いですが、本製品は元ソースの音声全体が素直に再現される印象で、演奏や仕上げの微細な部分を存分に楽しめつつ、長時間聴いていても疲れにくい音質となっています。外観も、各種の木材の味を活かした高級感のある仕上げになっているので、高価なオーディオセットの雰囲気を崩しません。品質と利便性の両立においては、最良の選択肢の1つといえるでしょう。

 

 

  • e849e87ec53163fb41c52353ae94c264.jpg

左の画像は、高音質な規格に非対応のBluetoothデバイスで信号を解析したもの。20KHz付近を堺に信号がバッサリとカットされており(淡赤の縦線はノイズ成分)、特にハイレゾオーディオの売りである成分が完全に失われていることがはっきりわかります。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

【High-quality Sound】Lighting直結タイプのDACでiPhoneを高音質プレーヤに

<<

「iPhone×音楽 サブスク時代の新しい楽しみ方」の目次