特集

音楽体験がもっと自由に楽しくなる今どきのiPhone活用術(6)

【Digitalization】アナログレコードをiPhoneに直接データ化!

アナログレコードをデータ化して場所を選ばず再生した場合、一番簡単なのは、「デジタル取り込み機能付き」のレコードプレーヤを使う方法です。これらの多くにはUSB端子が搭載されており、デバイスとつなぐだけで簡単に取り込みが行えます。

一方で、すでにプレーヤを持っている場合は、録音用のデバイスをiPhoneを接続して使うことで取り込みが行えます。注意点として、レコードの音声を通常のライン信号に変換する「フォノイコライザ」の必要性が挙げられます。最近はフォノイコライザを内蔵しているプレーヤも多いので、まずはそこをチェックしておきましょう。

  • 34de1f1a5598edc0c0d75f9be9b68412.png



続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

愛用している自宅のスピーカを高音質にワイヤレス化しよう

<<

「iPhone×音楽 サブスク時代の新しい楽しみ方」の目次