特集

音楽体験がもっと自由に楽しくなる今どきのiPhone活用術(2)

【Multiroom Playing 】AirPlay 2でいろんな部屋からマルチルーム再生!

Appleデバイスに搭載されているストリーミング再生機能「AirPlay」は、Wi-Fiを利用しているため、規格上オーディオ信号にロスが生じてしまうBluetoothよりも高音質での送信が行えるほか、動画再生やMac/iOSデバイスの画面共有にも使えるなど、広い用途での活用が可能です。

そして、機能アップされた「AirPlay 2」がiOS 11.4で実装されました。現在はまだ対応スピーカなどは少ない状態ですが、すでにいくつかのメーカーがサポートを発表しており、今後新たな標準として広がっていくでしょう。一方、iOSデバイスとApple TVの組み合わせなら、すでにAirPlay 2の機能を最大限に活用できます。

  • d822b7ba6671bd354ac09e2884b26a3a.png

 

AirPlayの基本を再確認

エアプレイ2を使ってみる前に、まずはエアプレイの基本的な機能について再確認しておきましょう。エアプレイは同じWi─Fiネットワーク内にあるアップル製デバイス、及び対応するスピーカなどの機器の間で利用でき、最初の接続時にパスコードを入力すれば、あとはオンライン状態であればいつでも使うことができます。

iOS標準の「ミュージック」アプリでは、再生画面で画面下のアイコンをタップしたあとに、表示された一覧から機器を選ぶだけ。音声に加え、アップルTVを出力先として使った場合には、ユーチューブなどのビデオ系アプリから映像をテレビに出力することも可能です。また、MacやiOSの画面を、ワイヤレスでアップルTVに出力することもできるので、オフィスや会議室などでも便利に活用することができます。

 

●再生アプリから出力先を指定

  • 0f7ba9f55a5d3072c6223ee7bb8ab651.jpg

AirPlayで音楽の再生先を決める際は、「ミュージック」など対応アプリの画面上でAirPlayのアイコンをタップ。ネットワーク内にあるAirPlay対応機器が表示されるので、指定することでそのデバイスから再生されるようになります。

 

●Apple TVにはジャケット等も表示

  • 441a2a5c1798f1d1573d5795cc32a301.jpg

出力先をApple TVにした場合は、音声だけでなく、再生中のアルバムのジャケットも同時に表示されます。

 

●Mac/iOSデバイスの画面共有

  • 93e0e70bed583900ade305a4d7770a83.jpg
  • 6275981d73d96ced6c4452b85ceb8a9c.jpg

AirPlayでは、音声だけでなく、MacやiOSデバイスの画面をネットワーク内のApple TVから出力することも可能です。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

NMB48×Apple Music「私のプレイリスト」
日頃Apple Musicで音楽を聴いているNMB48のメンバー6名に、お気に入りの曲でプレイリストを作ってもらいました。彼女たちが普段何を聴いているのか、チラッと覗いてみまし...

<<

「iPhone×音楽 サブスク時代の新しい楽しみ方」の目次