特集

音楽体験がもっと自由に楽しくなる今どきのiPhone活用術(4)

【Subscription Service】Apple Music以外の個性的な“聴き放題”! 高音質または無料で楽しむ

音楽リスニングの流れは、ディスクやダウンロードでの販売から、サブスクリプション型のストリーミングサービスへと流れが変わっています。Apple Music以外にも、Google Play Music、Amazon Music Unlimitedなどのサービスがしのぎを削り、どれを選べば良いか悩まれる人も多いでしょう。

特にストリーミング専業の会社は、より個性を前面に出しての差別化に力を注いでいます。高音質を売りにしている「DEEZER HiFi」や無料で手軽に始められる「Spotify」など、自分が何を優先したいかを見据えながら、無料のトライアルなどを利用してみると良いでしょう。

  • 45cb5abd82c46066c288248e78fbcbd0.png

 

 

今どきのサブスクは音質もCD並み

多くのストリーミングサービスは、最高でも320kbps程度のMP3やAACといった圧縮ファイルで提供されています。シビアに見ると、CD中心の時代よりも「後退」しているといえるでしょう。

そんな中、音質にこだわりたいユーザに向けたサービスも登場しています。2017年に日本国内での提供が開始されたサービス「ディーザー・ハイファイ(DEEZER HiFi)」は、CDと同じ44・1KHz/16bitのフォーマットで、ロスレスのFLAC形式での配信が行われています。月額1960円(税込)と、ストリーミングの中では高めな料金ながら、それでもCD1枚以下の価格であるため、こだわりを持ちたい音楽ファンには十分魅力的な設定といえるでしょう。高品質な機器を持っている人は、是非一度試してみましょう。

 

●CD品質のFLACファイルで配信

  • a5bec7ceec1f4f50d4d6d91aa7b2e0f2.jpg

DEEZER HiFiで配信される音声データは、CDと同等の仕様である44.1KHz/16bit仕様で、可逆圧縮(元のデータを完全に再現できる圧縮形式)のFLACフォーマットを使い配信されます。同じ曲でも、高性能な機器や大音量で聴いたときに、情報量の違いを実感できます。【URL】 https://www.deezer.com/ja/offers/hifi

 

●歌詞表示など機能も多彩

  • 9f1e073fb6e4b0709ddccea3aeda6220.jpg

一番のウリである音質は、状況に合わせてユーザ側がカスタマイズできます。また、歌詞も表示できるなど機能も充実。ストリーミングでも、CDのブックレットで歌詞をチェックしていたスタイルを踏襲できます。

 

●ユーザに特化されたホーム画面

  • 6cecdea9cc272eb8c908d86a916fd2dc.jpg

iPhone/iPadからは専用アプリ「Deezer」を使ってアクセスします。あらかじめ好みの音楽の傾向などを登録でき、それに応じてユーザごとにカスタマイズされたホーム画面が構成されます。

ba6cbbf02896155a9ad7151d1a41e379.jpg

Deezer

【開発】DEEZER SA 
【価格】無料
【場所】App Store>ミュージック

 

●再生画面もわかりやすい

  • 3f369bc0c8d631a1adf4d4370a1baa26.jpg

Deezerでは、Apple Music同様に再生画面からプレイリストに追加したり、お気に入り登録することができます。もちろんランダム再生や繰り返し再生も可能です。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

【Music Video Streaming】Apple TVを使ってテレビの大画面でMVを流し続けよう

<<

「iPhone×音楽 サブスク時代の新しい楽しみ方」の目次