WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年6月号

[UX2-4]社内メディア間での住み分けと役割 立ち位置を明確にしよう

企業内で複数のメディアを運用している場合、それぞれの住み分けも明確にしておいたほうがよいでしょう。また、それによりユーザーにどんな体験をさせるべきメディアなのかといった役割もあわせて整理していきます。

他の社内メディアとの住み分けをチェックしよう

いまや一つの企業の中でも複数のメディアを運用していることは珍しくありません。その場合、自身が担当するメディアは社内のメディアの中でどんな位置づけであり、どのような役割を担うかを明確にしておきましょう。

グッドパッチでは、4つのブログとプレスリリースで情報発信をしています。それぞれの住み分けは、以下のようになっています。

●Goodpatch Blog
非デザイナーであるビジネスマンをメインターゲットとし、集客しやすいよう自社の事業から離れた範囲まで幅広くデザインに関する記事を発信する

●社長ブログ
会社の今後や経営者の考えを知りたい人など、グッドパッチにかなり興味のある人向け

●Wantedly Feed
求職者向け情報

●Prottなどのプロダクトブログ
プロダクトについて知りたい人向け。アップデート情報、導入事例、開発背景などを発信

●プレスリリース
会社全体の情報発信の場。対企業、メディア向け

このように、発信する内容は差別化されています。たとえばProttの導入事例を取材したならば、Prottのプロダクトブログでは、なぜProttを選んだのか、どのように使っているかなど、Prottを軸に話を展開します。同じインタビューを元にしていてもGoodpatch Blogに掲載する場合は、こんな業務がプロトタイピングツールでこれだけ効率が上がりました、というTipsを軸に展開していきます。

SNSでも固有のコンテンツを発信している場合は、あわせて住み分けを確認した方がよいでしょう。グッドパッチの場合はTwitterとFacebookでは企業としてのインフォメーションを同内容で発信し、Instagramでは社内の様子だけを発信しています。後者は求職者の方がよくチェックされているようです。

関連性と共感から役割を明確にする

前述の目的の違うメディア5つを自社の事業への関連性の高低とユーザーへの共感のされやすさという軸のチャートに展開すると、各メディアの役割がより明確になってきます(01)。

Goodpatch Blogは、デザインというものに表層的・専門的イメージを持っている人に向けています。広義のデザインは誰でもできるものであることを伝え、デザイナー以外の人にも自分ごと化し、デザインを身近に感じてもらうことが使命でした。そのため、事業との関連性が低くても、共感されやすい集客コンテンツ(非デザイナー向け記事)を掲載していく必要がありました。特にリニューアル直後は新規ユーザー獲得のため、そこに注力しました。たとえばモチベーションアップ、スキルアップ、キャリアアップといった、ビジネスマンが日頃課題を感じているものがデザインで解決できるというような伝え方をしていきます。

そこから「このブログは役に立つ、おもしろい」とファンになってもらい、Prottのプロダクトブログなどの事業へと繋げていくのです。

掲載号

Web Designing 2018年6月号

Web Designing 2018年6月号

2018年4月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

Webビジネスの成功は【UX視点のコンテンツ】にある!

サンプルデータはこちらから

【その情報を一番欲しがっているユーザー】に、
【最適な形】で、
【発信側の希望通りの行動】を促す
UX視点のコンテンツ戦略・制作方法!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・

UXでキラーコンテンツを生む方法

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・

近年、盛んに「UX」の重要性が叫ばれていますが、それはサイトのデザインだけの話ではありません。
Webに掲載し、ユーザーに読んでもらう・見てもらう「コンテンツ」こそ、Webビジネスの成否を握っていると言えます。

例えば自社の商品を「もっとも必要としている人」に、商品の魅力を十二分に理解してもらい、前向きな反応をしてもらうには、
サイトに載っている情報(キャッチコピーや説明文、ビジュアル、映像など)が刺さらなければ意味がありません。

その確度を上げるために有効なのが、「UX」視点です。
Web Designing 6月号では、より実践的に、UXの考え方を実際のWebビジネスに落とし込むための方法を網羅しました。
誌面を読んで、実際に手を動かしてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「質問に答える」「付箋を貼る」「定型書式に書く」だけで、
自社に必要な「ユーザー視点のコンテンツ」が見えてくる!

◆答えるだけ!自社サイトに足りない“愛”診断
質問に答えて、どれだけターゲットになる読者のことを把握しているか、ユーザー目線で見られているか、現状を把握しましょう。


◆貼るだけ!付箋ではっきりさせる課題と方針
自社サイトをユーザーにとって何の役に立つものにしたいか、どんな情報を公開べきかが見えてきます!


●書くだけ!自動化できるテキストコンテンツ制作用フォーマット
定型の書式に書いていくだけで、文章が苦手な人でも効果が期待出来る文章が出来上がります!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ユーザー調査・設定
コンテンツの成功は「ペルソナ」にある!伝えたい「読者像」を浮き彫りにする調査・考察方法

◆コンテンツ戦略設計とKGI/KPI設定
浮き彫りにした対象読者に、[何を][どのように]提供し、[どう感じてもらうか][どういった行動を取ってもらいたいか]の戦略の立て方

◆コンテンツ制作
届けたい相手の「行動変容」を促すユーザー目線(UX視点)の具体的テキスト・コピー・ビジュアルその他の作り方・限られたリソースを有効利用した制作体制の作り方


●これからはSEOに加えて、「SXO」が重要!
いかに検索で行き着いたユーザーの意図を捉えたコンテンツを作成し、検索体験を満足いくものにできるかどうかが今後のWebビジネスには必須になります。そのためには、UX視点での分析・施策が欠かせません。

■コンテンツの見せ方
せっかくのコンテンツ、一生懸命会心の作を作っても、見てもらわなければ意味がありません。コンテンツの「見せ方」も、ユーザー目線を持って考えなければ、「見えてるのに認識されない」「結局記憶に残らない」ということが往々にして起こり得るのです。では、発信するコンテンツを効率的に効果的に見せるにはどんなことを考えればいいのでしょうか。




<こんな方にオススメです>
■中小企業のWeb担当者
 ・自社メディアにかける予算なし
 ・本業の片手間でやらざるをえない
 ・プロジェクトチームを組める余裕はない

■引き継いだ、やる気だけはある未経験の担当者
 ・何書いていいかわからない

■自社メディアを始めてはいるが、停滞期に入っている
 ・PVが下がりもしないけど伸びもせず、サイトが役割を果たしているかわからない

■UXをまずは何から始めていいのかわからない
■UXってデザインだけじゃないの?
■そもそもUXってなにがよくなるの?
■部署を横断して取り組むべきなのはなんとなくわかっているが、説得する自信がない
■理論だけではなく、現場で実践していることが知りたい

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています