WD Online

特集一覧 Web Designing 2017年2月号

動画プラットフォームとしてのFacebookを理解する

Point 01 Facebook動画機能の基本

動画コンテンツの活用に力を入れているFacebookだが、SNSマーケティングの観点からはどのような点に注目しておくとよいのだろうか。

動画の投稿が表示されやすい

友人・知人たちとのリアルなネットワークをベースに広がりを見せるFacebook。友人やフォローした有名人の近況コメントや写真、気になったニュースのリンクなどがフィードに流れてくるが、これは時系列で新着順に表示されるわけではなく、その個人ごとに最適化された情報が上位に表示される仕様だ。

この表示順序を決定するアルゴリズムをFacebookでは「エッジランク」と呼んでいるが、従来の親密度などの重み付けに加え、コンテンツの種類によっても表示される順番が変わってくるようにアルゴリズムが変更された。

最近特にFacebookが力を入れているのが動画コンテンツで、動画投稿やライブ動画配信などが優先して表示されるようになっている。企業のSNS運用担当者は、この動きをきちんと押さえておく必要があるだろう。

また、通常の動画だけでなく、既存の写真をつなげて動画にする「スライドショー」や、あらかじめ用意されたテンプレートに素材を配置するだけでFacebookページ用にビジネス紹介動画が作成できる「ビジネスストーリーメイカー」など、動画制作に不慣れな場合でも簡単に投稿できる支援ツールなどが提供されていることは知っておきたい。

さらに動画の投稿や再生だけでなく、継続的な動画コンテンツの活用を促進する機能も備わっている。それが「注目の動画」と「プレイリスト」ページだ。前者はFacebookページに訪れたユーザーに対しておすすめの動画を1本紹介する機能で、後者は以前に投稿した動画をグループ分けして並び替えることで、過去の動画資産を有効に活用するもの。

例えば、製品紹介の動画やCMなどをテーマごとにまとめたプレイリストにしておけば、訪問者にとっては便利なコンテンツとして提供できるというわけだ。

 

セルフ型の動画広告は決して難しくない

 

daa2bbeff66e4671efc684ef99deb0c2.jpg
動画広告はフィード内とそれ以外の広告枠に配信される(1)
動画広告はデスクトップのニュースフィードやウインドウ右側の広告枠など配信場所を選択できる。動画は無音で自動再生され、クリックすると音声が流れるほか、フルスクリーン再生も可能だ
4454b1f5c497dac78b938b28b247e3dc.jpg
動画広告はフィード内とそれ以外の広告枠に配信される(2)
スマートフォンのニュースフィードにも同様に配信できる。こちらも無音の自動再生で、タップするとフルスクリーン再生される

では、Facebookへの動画コンテンツ投稿を自社の課題に対してどのように役立てていくべきであろうか。もちろん、企業が抱える課題はさまざまだ。自社のFacebookページを作成したばかりでファンの獲得を目的にするのか、ブランド認知もしくは商品やサービスの販売拡大を目的にするのか、投稿を宣伝してニュースフィード内での話題を集めたいのか、それぞれの目的によって取るべきキャンペーンの施策は異なる。

だが、いずれの場合も「Facebook広告」によって多くのユーザーの目に留まるようになるので、通常の投稿だけよりも目的達成までの時間を大幅に短縮できる。

Facebook広告には動画広告のメニューが用意されており、「広告マネージャ」または「パワーエディタ」から新規の広告キャンペーンを作成したら「動画の再生数を増やす」「投稿を宣伝」「Facebookページを宣伝」「ウェブサイトへのアクセス/コンバージョンを増やす」「アプリのインストール数/エンゲージメントを増やす」などの目的から選択する。

a43ec487471d6b395af86ab601ee8f5e.jpg
広告マネージャから動画広告を出稿
広告マネージャからキャンペーンの目的を設定し、広告セットでターゲットや予算、配置場所などを設定したら動画を広告として投稿できる。動画の字幕を付けることも可能だ

そして、ターゲット設定のきめ細やかさもFacebookならではの利点。地域や年齢・性別といった属性、興味関心やつながりといった項目を組み合わせることで、届けたい相手に配信できる。ただし、あまり細かく設定しすぎるとリーチの規模が少なくなり過ぎてしまったり、基本属性を登録していないユーザーを取りこぼしてしまったりするので、最初は年齢、性別程度にして徐々に最適化を図っていく必要がある。ただし、若年層のFacebook利用率は微減の傾向にあるので、商材によっては後述のLINE、Instagram、MixChannelといったほかのSNSも比較検討したい。

課金のスタイルもインプレッションに対する課金(CPM)や動画の視聴数に対する課金(CPV)から選べるが、セルフ運用型の広告では低予算から始められるので、浮いた分の費用を動画のクリエイティブ制作に振り分けられるメリットがあるのは見逃せない。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2017年2月号

Web Designing 2017年2月号

2016年12月17日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

Web動画マーケティングの[最新]勝ちパターン

サンプルデータはこちらから

企業のIT推進担当者やネット運営者に向け、ネットビジネスの課題を解決するノウハウや最新情報をお届け。徹底した現場目線とプロへの取材&事例取材で、デジタルマーケティング施策に取り組む上での悩みや疑問、課題を解決するヒントを紹介します。

2月号の特集テーマは「Web動画マーケティング」です。

「いまは動画の時代である」と言われはじめてはや数年。インターネットで見られるコンテンツのうち、動画の割合が増えてきたことは言うまでもありません。SNSはもとより、コーポレートサイトなど、目にする機会が多くなった動画は、すでにマーケティングのツールのひとつとして考えるのが当たり前になっています。とはいうものの、いまのビジネスに動画がどんなメリットを与えてくれるの? という方も多いのでは。そんな方のためにも本特集では、利益を伸ばすためのポイント、トラフィックを増やす方法、SNSやYouTubeとの連携など、ビジネスに動画を活用するための知識や方法を、費用対効果に沿った形で解説します。大手企業のマネをするのではなく、自社のビジネスにあった動画の活用方法をお伝えします。


第1部「ここだけはおさえたい! 動画マーケティングの基礎知識」

_実録「マーケティグ動画のできるまで」
実際に中小企業が動画マーケティングのプロに仕事を依頼した一つの案件について、ヒアリングから動画制作、納品、その後の分析/解析まで時系列で紹介。
動画施策の一連の流れを疑似体験してみましょう。

_やさしく解説する「動画マーケティング」
動画マーケティングについて、その考え方、ポイント、留意点などさまざまな点から、動画とマーケティングの関係についてわかりやすく解説します。

_“動画マーケティング”その背景を考える
なぜいまマーケティングに動画が利用されるのでしょうか。写真ではなく、動画であることの理由はたくさんありますが、スマートフォンの普及、それに応じた縦型動画の利用などなど、いま動画がマーケティングとして利用される背景について考えます。

_マーケティング視点で考える動画
動画をマーケティングに利用するということは、単に写真を動画に入れ替えるということではありません。動画にすることの目的は、あくまでも自社の課題を解決するためです。
課題を見つけ、それに応じたKPIを立て、PDCAを回していくという基本的な考え方が必要であることを改めて考えます。

_Facebook、Twitter、Instagram…SNSで展開する動画について
SNSで動画はどのように扱われ、いかにマーケティングに利用できるのでしょうか。各SNSがプラットフォームとして用意する動画との親和性はもとより、利用する側が知っておきたいさまざまな知識について解説します。

_Youtubeで公開する動画について
SNS同様、動画プラットフォームとして確立しているYouTube。広告としてだけでなく実際に動画を配信することで得られるメリット、マーケティングとして利用するための方法についてなど、あらかじめ知っておくべき基礎知識をまとめます。

_動画の効果を測定する方法、その考え方
動画を利用したマーケティングでは、動画つくって終わりではありません。公開した動画がどのように見られているのか、アプローチしたい層に届いているのかなど、その効果を測定しながらさらなる改善が必要になってきます。そのための効果測定について、解説します。


第2部「事例集」
_5つの事例から学ぶ、動画マーケティングの現場からの視点

コラム
_費用対効果で考える自社の動画制作(予算と規模感の相関)
_中小企業が実践すべき動画マーケティング10か条

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています