WD Online

清水幹太のQuestion the World Web Designing 2016年2月号

ジェイミー・カレイロ(PARTY NY)|芸人根性がつくり出したハイブリッドモンスター

ジェイミーは筆者か?ニューヨークて?仕事を始めてから一番衝撃を受けた人物た?。「世界にはこんなすこ?い奴か?いるんた?」としか言いようか?ない、最強のマルチクリエイター。シ?ェイミー・カレイロ(Jamie Carreiro)は、筆者か?運営する PARTY NYて?一緒に働く仲間た?。近しい存在なか?ら、間違いなく今、ニューヨークて?最も勢いのあるクリエイターの一人て?ある。そんなジェイミーに、風邪を引いてるのに無理して出社して働いているところを捕まえて、ちょっとあらたまって話を聞いてみた。

筆者がニューヨークのチャイナタウンの真ん中にある汚いオフィスで一緒に働いているクリエイティブ・ディレクター/テック・ディレクターのジェイミー・カレイロは、信じられないほどなんでもできる人だ。

プログラムを書き、電子回路を自由自在に組み上げる。映像の監督もできれば企画もできるし、すごいカッコいい企画書もつくれる。デザインもできる。

今の時代、なにかをつくるためにはテクノロジーとアートの両方の技術が必要だということはよく言われることで、そういう意味でハイブリッドな人が多くのものづくりの現場で活躍している。筆者自身もデザイナーとプログラマーを経験しているから、そういうタイプではある。どうすればそういうふうになれるのか、なんていうことはよく聞かれる。

しかし、ジェイミーほどの高いレベルでオールマイティにものをつくれる人はそうそういない。一緒に働く仲間としては最高に心強い存在であり、同じつくり手として嫉妬を感じる存在だ。いったいどういう人生を歩んで、どういうことを考えて生きてくれば、ここまでのつくり手が生まれるのか。その秘密を探るのが今回のミッションだ。

「宇宙は素晴らしいストーリーを人々にもたらしてくれる。宇宙の前では、人種とか宗教とかは関係なくなる。人に夢やイマジネーションをもたらす。だから宇宙は素晴らしいんだ」

ジェイミーは風邪で辛そうにしながらも、楽しそうに話す。彼はものすごい「宇宙好き」だ。時折、仕事中にロケットの打ち上げ中継を見て盛り上がったりしている。宇宙について話しだすと、止まらなくなる。「なんでそんなに宇宙が好きなの?」という質問に対する答えがこれだった。


「宇宙飛行士になりたかったんだよ」と言うのも頷ける話だ。科学が好きで、宇宙開発のような大きなテーマに取り組んでいきたいという気持ちもあったらしい。彼はMIT(マサチューセッツ工科大学)に入ってコンピュータサイエンスを学び、一度は科学の道に入った。

「けど、その道は諦めた。プログラムでコンパイラを書くことは、本当に自分が好きなことからは遠すぎたんだ」

彼は、MITからデザインの学校であるRhode Island School of Designに移籍してしまう。東大の理学部から美術大学に移籍するようなものだ。そのとき彼は相当に悩んだらしい。そもそも彼は宇宙のことばっかりしゃべっている科学好きだ。科学を続けていればいいのに、そこから別の領域に向かって彼を突き動かした強力な「なにか」があったはずだ。

「自分は人を楽しませるのが好きな人なんだよ。音楽を演奏したり、なにかを演じたり、物語を話したり。そういう自分と、テクノロジーを愛する自分とで折り合いをつけなければならなかったんだ」

そう。ジェイミーの本質はエンターティナーなのだ。日本語でいうと芸人だ。他者になにかを伝えたり、表現したりする上で、ものすごい芸人根性を持っている。芸人根性とは、もっと言うとサービス精神ということになる。

「こうすればもっと楽しんでもらえる」「こうすればもっと良くなる」。そういう芸人根性がジェイミーの根底にはある。そして、人を楽しませるという目的と、狭い部屋でオタッキーなプログラムを書くことは彼にとって遠かったのだ。

ジェイミーは、良い芸を見せる(良いものをつくる)ためには手段を選ばない。そんな彼が、自分がもともと好きだった知識や技術、つまりプログラミングや電子工作を「人を楽しませる」ために使いだしたのはとても自然なことだった。しかしそれだけではない。

「MITで学んだ一番大きなものは、『あらゆるもののやり方・作り方は学ぶことができる』ということだった」

大事なのはハイブリッドを目指すことではなく、好きなことを実現するためにはなんでもやるということだ。テクノロジーもアートも手段でしかない。

目的をとても大事にしているから、手段はなんでもいい。なんでもいいから、ボーダーレスに自分の能力を拡張していく。学び方を知っているから、映像でも、プロダクトデザインでも、なんでも自分のものにしてしまう。

51f0dbfbf9fcdceb3e1a3d40ce7408d8.jpg
PARTY NYのオフィスにて話しているジェイミーと筆者。ハードウェアづくりの達人でもあるジェイミーの机は、常に謎の部品で埋め尽くされている  http://www.jamiecarreiro.com/
8e4119525d7a21c8b5eee4599a2c465b.jpg
自宅にある工房。ガレージを改造して作業場にしている。会社所有のレーザーカッターもここに設置している
39df6f6ad5432885451141c85507281d.jpg
Time Travel Radioは、ジェイミーが考案したPARTY NYの新商品プロトタイプ。左のつまみでボリュームをコントロールし、右のつまみで年代をコントロール。年代に応じたヒット曲を聴くことができる
cc44bf0703e42ebcc6f20fbc97d712a2.jpg
PARTY NYでジェイミーが手がけたプロジェクトたち。ハードウェアからミュージックビデオまで多岐にわたる
c3045a266827560cc825c67bb26baac5.jpg
ジェイミーはポルトガルのアゾレス諸島からの移民の子孫。腕に入っているタトゥーは、アゾレスの伝統的なものだ

 

清水幹太のQuestion the World:
30代後半になってニューヨークに移住した生粋の日本人クリエイター清水幹太(PARTY NY)が、毎月迎えるゲストへの質問(ダベり)を通して、Webについて、デジタルについて、世界を舞台に考えたことをつづっていくインタビューエッセイ。

 

Text:清水幹太
Founder/Chief Technology Officer/PARTY NY 1976年東京生まれ。2005年より(株)イメージソースでテクニカルディレクターを務める。2011年、クリエイティブラボ「PARTY」を設立。企画からプログラミング、映像制作に至るまで、さまざまな形でインタラクティブなプロジェクトを手がける。現在はニューヨークを拠点に広告からスタートアップまで幅広い領域にチャレンジしている。>http://prty.nyc/

掲載号

Web Designing 2016年2月号

Web Designing 2016年2月号

2016年1月18日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

IoTの現在――その先にあるビジネスのヒント

サンプルデータはこちらから

■ 特集:IoTの現在
 その先にあるビジネスの「ヒント」

2015年、「モノのインターネット」と訳される「IoT(Internet Of Things)」が急速に広まりました。「モノの価値が変わる」「ビジネスが変わる」「生活が変わる」など、さらなる期待が寄せられています。けれども、「IoT」というコトバだけが先行しつつあるのもまた事実。IoTが指し示すこと、そして本当の価値をあなたは理解していますか? ネットとモノ、ヒトとモノ、そしてモノとモノがつながることで生まれる新たな価値とはなんでしょうか。その恩恵を最大限に享受するためにも、いま知っておきたいIoTについて学んでいきます。

 第一人者に聞く基礎知識「「坂村 健先生、IoTってなんですか?」
 6つのキーワードから理解する「さまざまなIoTのカタチ」
 IoTによる課題解決と価値創造「ビジネスのIoT事例」
  e-kakashiが変える農業の姿/「ともだち家電」が提示する新たな価値
 「ユカイ工学」の青木俊介さんに聞く「作り手から見るIoTの未来」

■ WD SELECTION
 WDが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
有馬記念でさがせ!/早押しクイズ連動ドラマ「脱線刑事」/Slay Your Next Giant/おもてなでしこ伝承中/Bj?rk「Mouth Mantra」/Because Recollection/ztokyo/The Standing March/にこにこ小児歯科/Sagakeen 佐賀県×スプラトゥーン 公式サイト/OKINAWA: The Secret is Out

■ ビジネス・EC
 □ ECサイト業界研究
 AI/FinTech/配送 ――5年後を見据えた2016年のキーワード

 □ 月刊店舗設計
 和座本舗:複数店舗展開で石川県から全国・全世界へ届ける

 □ モバイルビジネス最前線
 アオイゼミ:「無料+ライブ動画+α」で急成長を遂げるオンライン学習塾アプリ

 □ 知的財産権にまつわるエトセトラ
 映画の著作権は誰のもの?

 □ Bay Area Startup News
 SNSメッセージ感覚で送金できる「Venmo」

■ マーケティング・プロモーション
 □ サイト改善基礎講座
 コンバージョン率改善の近道は意思決定ボタンにあり

 □ ハギハラ総研
 国境を越えたECは日本でも定着するか

 □ デジタルプロモーションの舞台裏
 日本全国にブランド認知を拡げた、福岡発のバス施策

 □ 行動デザイン塾
 初めての行為がなぜ習慣化していくのか?

 □ 課題解決のためのUI実装講座
 Webフォントが普及しても、まだ手放せない画像テキスト

 □ 解析ツールの読み方・活かし方
 サイトの改善ポイントを見つけるための現状把握

■ クリエイティブ・コラム
 □ ナビゲーターが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
 [バズ施策]「 リアル」と「リアリティ」:Volvo Trucks 眞鍋海里
 [デジタルプロモーション]歯の健康をリンゴで診断:Dentapple 築地 Roy 良
 [Webサービス]指先で創作する時代:Adobe Post 仲暁子
 [IoT]インターネット的体験:Amazon Dash Button 神谷憲司

 □ モノを生むカイシャ
 NAKED Inc.:異次元空間を生み出す魔法の仕掛け人

 □ 清水幹太の「Question the World」
 Jamie Carreiro:芸人根性がつくり出したハイブリッドモンスター

 □ ツクルヒト
 宮本卯之助(神輿師):義を重んずる神輿ディレクター

 □ 最果タヒの「詩句ハック」
 第20回 今日は何の詩?

 □ デザインにできることMonologue
 Vol.145 物理的デジタル

 □ エキソニモのドーン・オブ・ザ・ボット
 人間のソースコードが編集可能に! 遺伝子操作による“デザイン”は是か否か?

■ インフォメーション
 □ Topics
 オトコ心をくすぐる、自走式&可変ロボット「Tipron」/VR ヘッドセット「Oculus Rift」今春発売/10年目のクリエイティブアワード。グランプリは踊る折り紙「DANCING PAPER」と「ちゃんりおメーカー」に

 □ Special
 クリエイターのためのプラットフォーム「DemoDay.Tokyo」レポート

 □ Movement&News
 第8回恵比寿映像祭「動いている庭」/ホキ美術館5周年記念展/宇宙から見たオーロラ展2016/祖父江慎+コズフィッシュ展/「YouFab Global Creative Awards 2015」受賞作品展 ほか
 2015年も続くPC→スマホの消費者動向、アプリは利用者数を大きく伸ばすものも/ITエンジニアが注目する、2016年世間を賑わすキーワードとは?/日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に/IoT普及を強力に後押しする無線技術! 実用化に向け開発中 ほか

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています