WD Online

清水幹太のQuestion the World Web Designing 2016年1月号

ジュリア・カガンスキー(NEW INC)|美人マッドサイエンティストによるやばい実験計画 インキュベーションスペース「NEW INC」が次々と新しいクリエイティブやビジネスを生み出しつづけられる理由を聞きに行く。

今回話をしたのは、フ?ロク?ラマーて?もテ?サ?イナーて?もない、しかしニューヨークて?いま最も注目すへ?き「クリエイター」の一人、ジュリア・カガンスキー(Julia Kaganskiy)た?。次々と新しいクリエイティフ?・新しいヒ?シ?ネスか?生み出されるシェアスヘ?ース「NEW INC」は、開設1年あまりにもかかわらす?、すて?にニューヨークにおいて無二の存在となっている。そのNEW INCをリート?する存在て?あり、スーハ?ー管理人て?ある彼女の頭の中を覗くへ?く、NEW INCに向かった。

ニューヨークは、街全体が実験室のようなところがある。なにか新しいことをやろうとする人に対してとても寛容だし、それが良いものであればすぐに支持が集まって盛り上がってくれたりする。

「NEW INC」は、そんなニューヨークの中にあって、いま最も熱い「実験室」の一つだ。インキュベーションスペース、つまり新事業を始めるチームが入居して、ビジネス上の支援を受けることができるシェアオフィスのようなものだ。最大の特徴は、ニューヨークでも名高い現代美術専門の美術館であるNEW MUSEUMが運営しているという点だ。これがすでに「他にはない実験」であるとも言える。

 

NEW INCには、プログラマーやデザイナーからアーティスト、建築家、ファッションの世界に至るまで、さまざまな領域で新しいことをやろうとしているチームが集まっている。筆者のチームであるPARTY NYも、その一員としてお世話になってきた。

「なにか才能を持っているというだけではなくて、もともとあった境界を超えて新しいことを新しい方法でやろうとしている人だけを集めている」

NEW INCの代表であるJulia Kaganskiyはそう言う。さすが、実験室の長だ。

彼女はこの場から生まれたものを積極的にPRしたり、年に数回「Demo Day」という形で新作の発表会を行い、プレスや投資家を集めたりもしている。こういった活動の一つひとつが新しい実験であり、新しいものづくりの形の提案となっているのだ。

Juliaはもともと編集者であり、ライターだ。さまざまなデジタルクリエイティブをフィーチャーしてきたIntelによるWebメディア「The Creators Project」の編集長を経て、昨年からNEW INCの代表を務めている。

編集者がコミュニティの中心になるというのは、結構自然なことだ。編集者の仕事は、あるものを適切な形で世の中に紹介することであり、誰かが活躍する場を創出することでもある。

コミュニティをつくるということは、人と人をつないでいくということだ。NEW INCでもそれが行われている。いろんな職能の人同士が同じ空間で隣の席に座ることで、コラボレーションのきっかけを生み、今までにない新しいアイデアやビジネスが生まれていく。じゃあJuliaは「人つなぎ」が好きでこの仕事をやっているのか?

「まあそうね。誰が何をつくっていて何を研究しているか、それを知ってつなげていくことで、リアルタイムに文化ができていく。そういう化学反応のプロセスを見ているのが好きね」

難しいことを言っているようだが、彼女が言っていることは、だいたい「シムシティ」と同じだ。地球上空から「この人とこの人をくっつけたら面白いんじゃないか」なんて思ってつなげてみて、様子を見る。それで面白い反応があったのを見てニヤッとするJuliaの顔が思い浮かぶ。

「人と人をつないで何が起こるかを見ることで、環境や構造を理解したいのよね」

 

彼女はあまり目的の話をしない。彼女のモチベーションは研究者というか、もはやマッドサイエンティストのようなところがある。目をキラキラさせながら、そういった「化学反応」について楽しそうに語る。

NEW INCの面白いところは、いろんな業界のつくり手であるメンバーを集めて、プレゼンテーションのワークショップや法律・知的財産のワークショップなども積極的に行っていることだ。Juliaはまた科学者っぽいことを言う。

「新しい物やビジネスをつくることは、何かを変えること。プレゼンテーションも法律も何かを変えるために必要な道具だから、それができる人たちに与えたらどうなるかを見てみたいのよ」

世の中には、結果を出すことを大切にする人と、日々やっている経過を大事にする人がいる。Juliaは明らかに後者だ。科学者として化学実験が好きで好きでしょうがない。「好きこそものの上手なれ」。こういうレベルのモチベーションに支えられている最高の実験環境であるからこそ、NEW INCはまったく新しい「作品」として、新しい波をつくりつつあるのだ。

その不敵な笑顔を見ていると、この人についていけば、変な実験をたくさん見ることができて飽きないんじゃないかと思わせてくれる。‥‥と思った時点で、私もすでに実験素材として取り込まれてしまっているのかもしれない。

 

f0b1b1cfbd9e2ce3b92afcfb8ca1d9bf.jpg
NEW INCの工房スペースにて。Julia氏と筆者。最初の入居者選考からずっと、彼女がリーダーとしてこのスペースをつくり、運営してきた。それから1年ちょい。どんどんいろんなコラボレーションが花開いている
856187d70d5a40a93815a649f6f595eb.jpg
Juliaは6歳のときにニューヨークのブルックリンに移住してきたウクライナ人だ。小さい頃からNYにいるせいかまったくなまりがないので、最近までそのことを知らなかった
316e18594b4a2b0b5b8ecb7d4593c7cc.jpg
NEW INCのデスクスペース。さまざまな業種の人々が机を並べて一緒に作業する。美術館がこれを運営しているというのがとても新しい。最近では本誌でも連載しているexonemoの二人が加入した
81c23b496de0a011f65fad2f32ff2042.jpg
NEW INCの工房スペース。ハンダごてに始まり、3Dプリンタやレーザーカッターまで、ものづくりに必要なものが何でもある。グレードの高いカメラなんかもメンバーみんなで共有している
ea8997f2dc1aeb26274a17824ac14c0f.jpg
 
49e80ba71daf237398cda138759bb40b.jpg
 
f1fa0ef59d98d37869808625e108eb8f.jpg
 
bc1d75e0c827bb4904adc8a7b5d8a741.jpg
Webサイトからメディアアート、ソーシャルゲームから都市デザインまで、ここからさまざまなプロジェクトが生まれている

 

清水幹太のQuestion the World:
30代後半になってニューヨークに移住した生粋の日本人クリエイター清水幹太(PARTY NY)が、毎月迎えるゲストへの質問(ダベり)を通して、Webについて、デジタルについて、世界を舞台に考えたことをつづっていくインタビューエッセイ。
Photo : Suzette Lee (PARTY NY)

 

Text:清水幹太
Founder/Chief Technology Officer/PARTY NY 1976年東京生まれ。2005年より(株)イメージソースでテクニカルディレクターを務める。2011年、クリエイティブラボ「PARTY」を設立。企画からプログラミング、映像制作に至るまで、さまざまな形でインタラクティブなプロジェクトを手がける。現在はニューヨークを拠点に広告からスタートアップまで幅広い領域にチャレンジしている。 http://prty.nyc/

掲載号

Web Designing 2016年1月号

Web Designing 2016年1月号

2015年12月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

グロースハック/「キーワードツール」活用講座

サンプルデータはこちらから

■ 特集:今日から始める“成長戦略”グロースハック
 世界の急成長サービスが特集 実践するデジタル時代のマーケティング手法

近年、「グロースハック」という言葉を耳にすることが増えてきました。しかし、その本当の中身を正しく理解している人はあまりいないようです。チップス? テクニック? スタートアップ企業向けの秘密のノウハウ? いえ、そうではないんです。グロースハックとは、これからのデジタル時代に必須の「マーケティングの考え方」のことなのです。今回はさまざざな角度からグロースハックの考え方を紹介していきます。

■ 集中企画:ネットビジネスを有利にするための「キーワードツール」活用講座
 SEOやリスティング広告対策に! 事前にユーザーの検索行動がわかる

「キーワードツール」は、インターネットにおける検索行動量を手早く調査できるツールです。つまり、あるキーワードが「どれくらいのユーザーにリーチするのか」を事前に推定できます。ここでは、ツールの概要とともに、その活用術について解説します。

■ WD SELECTION
 WDが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
GREEN NAME/LIFE IS A GIFT/ORCHESTRE DE PARIS/KAI FACT magazine/Deja vu/くばら あごだしチャレンジ/キリンメッツ スター・ウォーズ/google STARWARS/LACOSTE-F/W OUTWEAR/Christmas Express/めぐみ野 スペシャルコンテンツ「トマトになった男の子」/Japan Sumo Cup/沖縄戦 全記録|NHKオンライン/Typetone

■ ビジネス・EC
 □ ECサイト業界研究
 カンバセーションコマース:Facebook を利用した会話によるEC

 □ 月刊店舗設計
 ULYSSES:適切な場所での情報発信がビジネスの可能性を広げる

 □ モバイルビジネス最前線
 MYALO:禅×脳科学によるストレスコントロール「マインドフルネス」をアプリで学ぶ

 □ 知的財産権にまつわるエトセトラ
 作者以外にも著作権は認められる

 □ Bay Area Startup News
 画像やテキストを判別して自動でサイトをつくる「The Grid」

■ マーケティング・プロモーション
 □ サイト改善基礎講座
 ユーザーインタビューで有効なコンテンツを見定める

 □ ハギハラ総研
 日本人の半分はまだECを利用していない

 □ デジタルプロモーションの舞台裏
 ビジネス展開を見越し運用体制の強化を図った“マーケティングツール”サイト

 □ 行動デザイン塾
 ブームは「なじみの行動」が火付け役に

 □ 課題解決のためのUI実装講座
 カテゴリーが多いスマホサイトで役立つ「スワイプ対応タブメニュー」

 □ 解析ツールの読み方・活かし方
 買収したサイトを最小限のコストでリノベーションする

■ クリエイティブ・コラム
 □ ナビゲーターが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
 [バズ施策]誰のためにつくるのか?: John Lewis Christmas Advert 2015 眞鍋海里
 [デジタルプロモーション]「ノーデジタル」の拡散:The Gun Shop 築地 Roy 良
 [Webサービス]上質な表現の「場」:Medium 仲暁子
 [IoT]なんとなくの心地よさ:kizuki. 神谷憲司

 □ モノを生むカイシャ
 1→10drive:「体験」をデザインするプロ集団

 □ 清水幹太の「Question the World」
 Julia Kaganskiy:美人マッドサイエンティストによる、やばい実験計画

 □ ツクルヒト
 榊原澄人:「フレーム」を超えて動き出す世界

 □ 最果タヒの「詩句ハック」
 第19回 あみだく詩゛

 □ デザインにできることMonologue
 Vol.143 パブリッシュ

 □ エキソニモのドーン・オブ・ザ・ボット
 コンピュータに「嗅覚」を与えるチップがインターネットのニオイ体験を可能に!?

■ インフォメーション
 □ Topics
 突破クリエイティブアワード2015/ココノヱPresents らくがきミュージアム/第19回 文化庁メディア芸術祭/BB-8 by Sphero

 □ Movement&News
 水族館+動物園+美術館?!「NIFREL(ニフレル)」オープン!/「スター・ウォーズ」のキャラクターや乗り物を使った作品を発表するフランス人写真家の日本初個展/数万枚もの写真をコラージュして1枚の地図をつくりあげる西野壮平 ほか
 [アドテック東京 2015]属性から個人へ。エンゲージメントを高めるトレンド/[Adobe Falsh Professional]時代とユーザーの潮流にあわせ「Animate CC」として新生/Twitter Japan担当者が語るTwitter広告成功のために必要なこと ほか

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています