編集部オススメ役立つ商用CMS:(6)baserCMS|WD ONLINE

WD Online

特集一覧 Web Designing 2023年10月号

編集部オススメ役立つ商用CMS:(6)baserCMS

NPO法人 ベーサーファウンデーション
https://basercms.net/

【価格】初期費用:0円
【導入実績】ALSOK介護株式会社、麻生教育サービス株式会社、西鉄運輸株式会社、霧島高原ビール株式会社、BBCワールドニュース、一般社団法人全日本ポスティング協会

ヘッドレスCMSでも利用可能なオープンソースCMS

統合化されたコンテンツ管理機能を特徴とし、単一ページの管理だけでなく、ブログ、メールフォーム等のプラグインを含めた全体管理が可能。Webアプリフレームワーク「CakePHP」を基盤に、スクラッチ開発が可能な高いカスタマイズ性を有します。日本語フォーラムで機能追加や仕様変更の要望をフィードバックするのも容易です。

サイト構造が複雑な場合でも全体を俯瞰できるツリー構造。Web脆弱性診断ツール「Vaddy」で継続的な検査も実施

 

企画協力:NPO法人 ベーサーファウンデーション

掲載号

Web Designing 2023年10月号

Web Designing 2023年10月号

2023年8月18日発売 本誌:1,680円(税込) / PDF版:1,580円(税込)

コンテンツマーケティングの高速化・効率化はCMSでできる!

サンプルデータはこちらから

構築、レスポンス、更新、業務フロー、ビジネスの成果
CMSでWebビジネスをスピードアップせよ!

CMSを活用した情報発信やWebビジネスにおいて、「高速化」の要望がますます高まっており、オープンソースCMS以外にもクライアントのニーズに合わせてさまざまなCMS が活用されています。

高速化といえば、「ヘッドレス」「Jamstack」といった技術的なキーワードが注目されますが、静的サイトをメインとした MS や、その他独自の技術によりサイトの高速化に貢献するCMS は多々あります。
さらに、技術的な側面だけでなく、体制面や運用面においても「高速化を求められています。
そこで、Web Designing 2023年10月号では、大好評につき5回目となるCMS特集を
機能や技術だけでなく、業務や承認フロー、更新作業など大きな視野で「高速化」を切り口に、
ヘッドレスやAIの進化などもカバーしつつ、今日から実践できるノウハウをお伝えします。

●CMSの高速化はビジネスの高速化に繋がる!
●CMSに訪れる異次元の進化!
●今こそ本気の「CMS高速化対策」
●ヘッドレスCMSによる高速化でSEO・回遊性の向上
●ゼロからわかる「静的サイトジェネレーター」
●CMS担当者のためのセキュリティ・保守入門


この記事を見た人はこんな記事も見ています