WD Online

永原康史の「デザインにできること」 Web Designing 2016年1月号

「パブリッシュ」 メディアとデザインについて考える

ブックデザインやWebプロジェクト、展覧会のアートディレクションなどを手がけ、メディア横断的なデザインを推進しているグラフィックデザイナー、永原康史氏によるメディアとデザインに関するコラム。

2020年東京オリンピックのエンブレム事件以来、近年のグラフィックデザインとそれを取り巻く環境への検証があちこちでおこなわれている。

ぼくはメディアデザインの旗を立てているにもかかわらず現実のメディアからは遠ざかっているので多くを知らないが、漏れ聞こえてくることだけでもみんな考えてるんだなあと思い入ってしまう。

 

その検証作業のうちのひとつ、デザイナーが主催する勉強会に参加してきた。大きなテーマは「絶滅危惧種、グラフィックデザインを考える」というもので、まずは、グラフィックデザインが絶滅するのかどうかを検証するところからはじめるというのが会の姿勢だ。

会は時間通りにスタートし、ひととおり自己紹介を終えると、主催デザイナーによるゲストのデザイナーへのインタビューがはじまった。ゲストデザイナーのデザイン手法を微に入り細に入り質問するのだが、それはそれで面白い。書体がどうのグリッドがどうの、インクの盛りが、印圧が、といったほとんどデザインオタクの世界である。こういう各論の一番底からデザイン全体を見通そうというのは新趣向だなあと他人事のように聞いていた。

そのうちお酒が回ってきた人が出てきて(ほとんどの人はたしなむ程度にも飲んでいなかったと思うが、お酒の飲める会だったのだ)、だんだん勉強会の体を成さなくなってきたのは残念だったが、まずは試みや良しというところだろう。

今回は、その勉強会から連想したことを書いてみたいと思う。

ゲストデザイナーは、コンスタントに私家版の写真集をつくるパブリッシャーでもあり、本づくりの話題がほとんどを占めた。かく言う私もepjpという出版プロジェクトを主宰する版元で、私の場合は電子出版からはじめて、オフスクリーンプロジェクトと称して紙の本も出すようになった。が、すぐに在庫の山を抱えることになって、今は本当に少部数のアートブックをつくるのみである。事情は電子の本もおおむね同じで、物理的な在庫がない分救われている。

ゲストデザイナー氏は制作部数の約半分をパリフォトで売ると言う。きっと商いに長けているのだろう、3~4日で半数を売り切るのは並大抵ではない。デザイナーがつくる出版物としてのマニアック度にも関心はあるが、そのビジネスの方に興味がわく。

 

先ほどパブリッシャーと書いたが、出版のことを英語でpublishingという。カタカナにすれば日本語として通用するポピュラーなことばだ。原型であるpublishは「public(人民、公衆、社会)+動詞化する接尾辞 ish」で、もとは「公(おおやけ)にする」という意味だ。転じて、法令を公布するときや出版することにも使われるようになった。

音楽の発売は「リリース」という。releaseは「放つ、開放する」。接頭語「re」は「再び」という意味がなじみ深いが、この場合は逆の意味を表わす「re」だろうか。たとえば「recede」は「re+cede(進む)」で「後退」を表わす。releaceは「re+lease(リース=賃貸借)」で貸すことを逆転させて使用権を渡すような意味となる。いずれにせよ、市場に開放する行為を指す。

Webサイトを公開するときに使われる「ローンチ(launch)」は、船の進水や飛行機の発進を意味する。ネットサーフィンという今では懐かしいことばもあるように、ワールド・ワイド・ウェブには海のイメージがあるのかもしれない。launchは「開店」のときにも使われるのでその転用かもしれないが、大海原に漕ぎ出すほうがイメージとしてはいい。

 

リリースとローンチは、市場になにものかを投入することでは同じである。しかし、パブリッシングは市場というより「公」という意味合いから社会(人びと)への関与をより強く感じる。そういう意味ではデザイン「(強調の接頭辞)de+sign(記号、掲示)」(指し示すこと)も同じ種類のことばなのだろう。

☆1 http://epublishing.jp/
☆2 http://www.parisphoto.com/

 

Text:永原康史
グラフィックデザイナー。多摩美術大学情報デザイン学科教授。現在「 あいちトリエンナーレ2016」の公式デザイナーを務める。本コラムの10 年分をまとめた『デザインの風景』(BNN新社)など著書多数。手の写真。?もうとしているのか、離したところなのか、それとも放ったあとなのか。

掲載号

Web Designing 2016年1月号

Web Designing 2016年1月号

2015年12月18日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

グロースハック/「キーワードツール」活用講座

サンプルデータはこちらから

■ 特集:今日から始める“成長戦略”グロースハック
 世界の急成長サービスが特集 実践するデジタル時代のマーケティング手法

近年、「グロースハック」という言葉を耳にすることが増えてきました。しかし、その本当の中身を正しく理解している人はあまりいないようです。チップス? テクニック? スタートアップ企業向けの秘密のノウハウ? いえ、そうではないんです。グロースハックとは、これからのデジタル時代に必須の「マーケティングの考え方」のことなのです。今回はさまざざな角度からグロースハックの考え方を紹介していきます。

■ 集中企画:ネットビジネスを有利にするための「キーワードツール」活用講座
 SEOやリスティング広告対策に! 事前にユーザーの検索行動がわかる

「キーワードツール」は、インターネットにおける検索行動量を手早く調査できるツールです。つまり、あるキーワードが「どれくらいのユーザーにリーチするのか」を事前に推定できます。ここでは、ツールの概要とともに、その活用術について解説します。

■ WD SELECTION
 WDが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
GREEN NAME/LIFE IS A GIFT/ORCHESTRE DE PARIS/KAI FACT magazine/Deja vu/くばら あごだしチャレンジ/キリンメッツ スター・ウォーズ/google STARWARS/LACOSTE-F/W OUTWEAR/Christmas Express/めぐみ野 スペシャルコンテンツ「トマトになった男の子」/Japan Sumo Cup/沖縄戦 全記録|NHKオンライン/Typetone

■ ビジネス・EC
 □ ECサイト業界研究
 カンバセーションコマース:Facebook を利用した会話によるEC

 □ 月刊店舗設計
 ULYSSES:適切な場所での情報発信がビジネスの可能性を広げる

 □ モバイルビジネス最前線
 MYALO:禅×脳科学によるストレスコントロール「マインドフルネス」をアプリで学ぶ

 □ 知的財産権にまつわるエトセトラ
 作者以外にも著作権は認められる

 □ Bay Area Startup News
 画像やテキストを判別して自動でサイトをつくる「The Grid」

■ マーケティング・プロモーション
 □ サイト改善基礎講座
 ユーザーインタビューで有効なコンテンツを見定める

 □ ハギハラ総研
 日本人の半分はまだECを利用していない

 □ デジタルプロモーションの舞台裏
 ビジネス展開を見越し運用体制の強化を図った“マーケティングツール”サイト

 □ 行動デザイン塾
 ブームは「なじみの行動」が火付け役に

 □ 課題解決のためのUI実装講座
 カテゴリーが多いスマホサイトで役立つ「スワイプ対応タブメニュー」

 □ 解析ツールの読み方・活かし方
 買収したサイトを最小限のコストでリノベーションする

■ クリエイティブ・コラム
 □ ナビゲーターが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
 [バズ施策]誰のためにつくるのか?: John Lewis Christmas Advert 2015 眞鍋海里
 [デジタルプロモーション]「ノーデジタル」の拡散:The Gun Shop 築地 Roy 良
 [Webサービス]上質な表現の「場」:Medium 仲暁子
 [IoT]なんとなくの心地よさ:kizuki. 神谷憲司

 □ モノを生むカイシャ
 1→10drive:「体験」をデザインするプロ集団

 □ 清水幹太の「Question the World」
 Julia Kaganskiy:美人マッドサイエンティストによる、やばい実験計画

 □ ツクルヒト
 榊原澄人:「フレーム」を超えて動き出す世界

 □ 最果タヒの「詩句ハック」
 第19回 あみだく詩゛

 □ デザインにできることMonologue
 Vol.143 パブリッシュ

 □ エキソニモのドーン・オブ・ザ・ボット
 コンピュータに「嗅覚」を与えるチップがインターネットのニオイ体験を可能に!?

■ インフォメーション
 □ Topics
 突破クリエイティブアワード2015/ココノヱPresents らくがきミュージアム/第19回 文化庁メディア芸術祭/BB-8 by Sphero

 □ Movement&News
 水族館+動物園+美術館?!「NIFREL(ニフレル)」オープン!/「スター・ウォーズ」のキャラクターや乗り物を使った作品を発表するフランス人写真家の日本初個展/数万枚もの写真をコラージュして1枚の地図をつくりあげる西野壮平 ほか
 [アドテック東京 2015]属性から個人へ。エンゲージメントを高めるトレンド/[Adobe Falsh Professional]時代とユーザーの潮流にあわせ「Animate CC」として新生/Twitter Japan担当者が語るTwitter広告成功のために必要なこと ほか

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています