WD Online

行動デザイン塾 Web Designing 2015年12月号

人が動きたくなる「手段が目的化した行動」

人は「目的」を提示されるだけではすぐには動かないが、「手段」には反応しやすいという側面がある。今回は、気づいたら「目的と手段が逆転している」という状況のつくり方に光を当ててみよう。

なぜ中国人は「11月11日」に買い物をするのか

前回、思わず人を動かす「行動デザインのツボ」の一つに、「(時間などを)限定すると人は動く」というツボを紹介した。「毎回やるのは大変だが、一回だけならやってもいいかな?」(リスク低減)とか、「その日にやらないと、やれなくなるかもしれない」(機会損失回避)といった心理を活用したものである。ここでは、もう少しその詳細に切り込みたい。

日本では、11月11日はあるスティック菓子の日として有名だが、実際にその日にしか買えないという性質のものではない。一方で、中国で「11月11日」といえば、誰もが「ネットショッピングの日」と答えるほどの特別な一日となっている。それは、アリババ集団が運営する中国最大のECサイト「Tモール(天猫)」が、その日限定で年に一度の大セール「双11(ダブル・イレブン)」を展開するからだ(01)。

 

9ef6a623a11f374d1d65830f732713a4.jpg
01 中国のECサイト「Tモール」
11月11日は、中国のモダンカルチャーでは「人がみな一人で孤独に立っている」という見立てから「彼女や彼氏がいない独身者の日=光棍節」とされていた。そこで、クリスマスやバレンタインデーなどのカップル向けイベントが続く冬場に向けて、ネットから独身者に少しでもハッピーを提供しよう、という趣旨でTモールがビッグなECセール「双11」を始めたとされる
Tモール「双11」

 

2009年から始まったこのセールイベントは、年々販売額を拡大し、2014年は何と一日で571億元(約1兆735億円)を売り上げた(02)。セール後、宅配便が集中して物流が大混乱するので、社会問題にまでなっているという。

 

9bdf4a0f396e4dd43acf150396412f7d.jpg
02 双11の売上推移
双11は、年々飛躍的に売上を伸ばし、売上記録を更新中だ
出典:「双11」売上推移

 

なぜこのイベントはここまで盛り上がったのだろう?  「その日だけ、ほとんどの商品を大幅に値引きするからでしょ」と考えた読者は正しいが、行動デザイン的な解答としては物足りない。このイベントをドライブしている力学は安さだけではない。刻々と報道される「売上金額」にある。自分が買うことで、売上記録がどんどん更新されていく、そのライブなイベント性がこのセールの魅力になっている。この日だけ、Tモールのサイトでしか参加できない「限定性」が多くの中国人を動かしているのだ。

 

手段が目的化する「行動スイッチ」とは?

デザイン学に「アフォーダンス」理論というものがある。ごく簡単に説明するなら、モノには「思わず◯◯したくなる」形があるという考え方だ。ドアノブは思わず握りたくなる形をしているし、椅子は思わず座りたくなる形だから黙っていても人が腰をかける。Web画面をデザインするときにも重要なポイントだ。この概念を行動デザインの中に組み込むとどうなるだろう? それが「行動スイッチ」という考え方だ。

「押しボタン」的な形状は一番わかりやすい。たとえば、日本人しか押さないと言われるエレベーターの「閉まるボタン」や、洗濯機などに付けるAmazon.comの「Dashボタン」(03)も「思わず押したくなる行動スイッチ」の一つだろう。先日、ある音楽配信サービスを東京・渋谷の街頭で試聴できるPRイベントとして、約1万3,000のイヤホンジャックを開けた壁面を設置した。多くの通行客がたくさんの穴に順番にイヤホンを挿して楽しんでいたが、これも典型的な「行動スイッチ」だ。

 

bacb7aed5eeca7b5d30c252a8baecf60.jpg

 

3c4fbe59f4457b043abd36848b1a3b2f.jpg
03 Amazon.comの「ダッシュボタン」とは?
Amazon.comがP&Gなどとコラボして「Dashボタン」という「押しボタン」装置のプロトタイプを発表(一部有料会員向けサービスとして導入済み)。これは、洗濯機などに粘着テープでつけるボタンのこと。たとえば、洗剤が切れたときにそのボタンを押すと、スマートフォンアプリ経由で、Amazon.comで洗剤が自動発注されるという仕組みだ(上)
「洗剤切れに気づくタイミング」=「洗濯機を使う瞬間」であり、「Dashボタン」=「思わず押したくなる行動スイッチ」とつながる(下)
http://www.amazon.com/oc/dash-button

 

もう少し「行動スイッチ」の概念を拡大してみよう。「双11」は、セール全体がその日に買いたくなる「行動スイッチ」になっている。また、鉄道などが実施するスタンプラリーも、スタンプを押すという身体的なアクションが「行動スイッチ」となるが、スタンプラリーの原点はそもそも寺社の「御朱印帳」(04)だ。本来は敬虔な参拝行動(目的)が、いつのまにか「朱印を集める楽しみ」(手段)に主従逆転していくのがおもしろい。つまり「行動スイッチ」とは、「手段を目的化させてしまう」逆転装置のことであり、そこには行動のハードルを下げて「行動を喚起させる力がある」と考えられる。

 

3153bc7a477b0ebad4195e6b03baf859.jpg
04 寺社の御朱印帳
写真は筆者私物。これもまた、目的と手段が逆転した行動スイッチの例に挙げられるだろう

 

0c307b532b959ef2eeae8256c977d5d6.jpg
Text:國田圭作
博報堂行動デザイン研究所所長。入社以来、一貫してプロモーションの実務と研究に従事。大手嗜好品メーカー、自動車メーカーをはじめ、食品、飲料、化粧品、家電などの統合マーケティング、商品開発、流通開発などのプロジェクトを多数手がける。2013年4月より現職。 http://activation-design.jp/

掲載号

Web Designing 2015年12月号

Web Designing 2015年12月号

2015年11月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

動画マーケティング時代の成功法則/SSLを理解する

サンプルデータはこちらから

■ 特集:動画マーケティング時代の成功法則
 ネット動画で変わる集客・販促・ブランディング

■ 集中企画:SSL導入実践ガイド
 Webディレクター/マーケターは、もう知らないでは済まされない!

■ WD SELECTION
 WDが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
西尾維新公式サイト/G・U・M PLAY/株式会社モリサワ コーポレートサイト/Wonderwall/開かずのウェブサイト/ロレアル パリ EMOTIONAL ROUGE/くつろぎ族-金麦〈琥珀のくつろぎ〉-/UNIMEDIA/TryMore Inc./Andrew Harzog/「G展」スペシャルサイト「MEETinG」/NIGHT WAVE

■ ビジネス・EC
 □ ECサイト業界研究
 動画コマース:近くて遠い、EC向け動画の作成・活用法

 □ 月刊店舗設計
 ネコリパブリック:熱い思いやストーリーを伝えることで顧客の共感を呼ぶ

 □ モバイルビジネス最前線
 Anyca:個人間カーシェアリングで新しいクルマの持ち方・乗り方が生まれる?

 □ 知的財産権にまつわるエトセトラ
 著作権の保護期間「戦時加算」って知っていますか?

 □ Bay Area Startup News
 自分のクルマを使わないときにシェアするサービス「Getaround」

■ マーケティング・プロモーション

 □ サイト改善基礎講座
 閲覧開始ページの直帰率改善に取り組む

 □ ハギハラ総研
 PCに匹敵するスマートフォンからの動画視聴

 □ デジタルプロモーションの舞台裏
 広告を望まない商品ブランドが展開したコミュニケーション

 □ 行動デザイン塾
 人が動きたくなる「手段が目的化した行動」

 □ 課題解決のためのUI実装講座
 待ち時間のストレスを軽減するプログレスバー

 □ 解析ツールの読み方・活かし方
 アクセス解析とユーザーヒアリングの両輪でPDCAを回す

■ クリエイティブ・コラム

 □ ナビゲーターが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
 [バズ施策]モテ女子の秘密♡:五五七二三二〇 眞鍋海里
 [デジタルプロモーション]美味しいを環境でつくる:THE EXTREME LATTE 試飲会 築地 Roy 良
 [Webサービス]複雑性と汎用性の狭間:Formlets 仲暁子
 [IoT]自動車産業に切り込む:DriveOn 神谷憲司

 □ モノを生むカイシャ
 RIDE MEDIA&DESIGN:サスティナブルな会社の在り方

 □ 清水幹太の「Question the World」
 Rafaël Rozendaal:ネット超大好き人間から学ぶ、自由との付き合い方

 □ ツクルヒト
 榊原澄人:「フレーム」を超えて動き出す世界

 □ 最果タヒの「詩句ハック」
 第18回 いまなん詩゛?

 □ デザインにできることMonologue
 Vol.143 デジタル回帰

 □ エキソニモのドーン・オブ・ザ・ボット
 ロボットがロボットを作る時代がもうすぐ? 人間の呪縛から逃れたロボットの家族観

■ インフォメーション
 □ Topics
 ヨコかな?(AI EMOJI©)/2015年度グッドデザイン賞

 □ Movement&News
 謎に包まれた天才写真家ヴィヴィアン・マイヤーとは何者か/オンライン動画コンテスト「BOVA」、作品募集を開始/湖畔にある美術館で巨匠・浅葉克己の個展/驚きと発見と感動をもたらす建築家フランク・ゲーリーの2つの個展 ほか
 東京モーターショー2015/経済産業省「Innovative Technologies」/総務省、IoT向けに「020」番号を割り当て/minne、積極的な拡大戦略を発表/YouTube向けショッピング広告施策を発表/「縦書きWebデザインアワード」作品募集開始

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています