WD Online

永原康史の「デザインにできること」 Web Designing 2015年9月号

「花の力」 メディアとデザインについて考える

メディア横断的なデザインを推進するグラフィックデザイナー、永原康史氏によるメディアとデザインに関するコラム。

ポリティカルなことは書かない。これは15年前の連載当初になんとなく決めたことのひとつである。デザインコラムには合わないと思ったのだ。その禁を破ったのは意外に早く、連載22回目にイラク戦争について書いている。

2003年の米軍によるイラク空爆に対して、日本のアーティストやクリエイターからの異議申し立てが相次ぎ、ぼくのところにもたくさんメッセージが届いた。原稿から抜き出してみると、「反核FAXポスター実行委員会」「イラク戦争反対連合」「戦争について考えるプロジェクト」などなど。そのほかにも反戦メッセージを載せたメールがたくさん飛び交っていた(まだSNSがなかった頃の話である)。それを受けて、叔父や叔母から聞いていた大阪大空襲の話や、子どもの頃に体験した戦争の面影を書いたのだった。

 

この夏はいろんな事件があった。5月14日に閣議決定された安保法案が、憲法学者によって違憲と言われながらも衆院で強行採決されたのが7月15日。それと併走するようにして、新国立競技場の建築費の高騰が新聞各紙で取り上げられるようになり、7月16日に国際コンペの審査委員長だった安藤忠雄氏が記者会見。17日に政府よりゼロベースでの見直しが発表された。

このふたつの話題に隠れるようにして採決されたのが、四国電力、伊方原発の再稼働。安保法案強行採決と同日に採決されたのだから、どうしてもかすんでしまう。冬には稼働するという。九州電力の川内原発も5月27日に適合性審査を終え、8月中旬にも再稼働するらしい。大きなニュースの陰で、着々と進められているのだ。TPPも大詰めだが、もう話題にする人は少ない。してやられている感じである。

 

安保法案に対峙して、大学生らでつくる「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)」という団体も出てきた。日比谷野外音楽堂や首相官邸周辺、国会前で抗議デモを行い、7万もの人が集まるという(主催者発表)。学生に話を向けてみると、「背後(バック)にきっと誰かいるんですよ」とにべもない。真偽はともかく(たとえそうだとしても)、学生の政治参加が話題になるだけでもいいことだと思う。長い間、こういうことはなかった。

ぼくが高校に入学した1971年、学生運動の火は消えかかっていたが、まだくすぶってはいた。友人には大学生に混じって運動に参加するものもいた。対象は70年安保から、返還を控えた沖縄やベトナム戦争に移っていた。

ぼくは、関心はあったが醒めてもいた。ただ、兵士の銃口に花を刺す青年の写真「Flower Power(銃口に花を)」☆ に代表されるフラワーパワーだけには、ある種の憧れとともに共感をいだいていた。単なるヒッピーの代名詞としてのフラワーチルドレンではなく、アレン・ギンズバーグが書いた『How to Make a March/Spectacle(3月/光景のつくりかた)』に著わされている非暴力抗議活動への共感だった(今から思えば、実効力に乏しい感じが好きだったのだろう)。そこにはこう書かれていた。「Masses of flowers – a visual spectacle – especially concentrated in the front lines(花の一群は─視覚的光景として─フロントラインに集中する)」。

 

時を前後して、核の平和利用といわれた原子力発電所のまわりにムラサキツユクサを植える運動が起こっていた。ムラサキツユクサは放射線に敏感で、微量の放射性物質でおしべの遺伝子に突然変異がおこるというのだ。発電所のまわりに植えたムラサキツユクサを観察することで、原発から日常的に漏れる微量の放射線でも生物に影響することが証明される。

観察するといっても朝顔の観察とはわけが違う。1974年、静岡・浜岡原発試運転のとき、地元の高校教員が7月から10月までの開花期間に、仕事の合間をぬって64万本のおしべを調べた。その結果、微量の放射線でも遺伝子に影響することが明らかになった。

原子力発電所のまわりにびっしりと咲く、小さな紫色の花を想像してみよう。そしてそのおしべの先で細胞が突然変異してピンク色に変わるのをイメージしよう。

花はフロントラインに集まってくる。

☆ https://en.wikipedia.org/wiki/Flower_Power_(photograph)

4f163213c87f05aff01c5727c5302a76.jpg
2013年12月5日21時18分、特定秘密保護法成立前夜の永田町にて。
Text:永原康史
グラフィックデザイナー。多摩美術大学情報デザイン学科教授。2005年愛知万博「サイバー日本館」、2008年スペイン・サラゴサ万博日本館サイトのアートディレクターを歴任。現在「あいちトリエンナーレ2016」の公式デザイナーを務める。本コラムの10年分をまとめた『デザインの風景』(BNN新社)など著書多数。 http://www.nagahara.gr.jp/

掲載号

Web Designing 2015年9月号

Web Designing 2015年9月号

2015年8月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

ECビジネス、再強化・最強化/LINE@超入門

サンプルデータはこちらから

■ 特集:ECビジネス、再強化・最強化
 越境、O2O、オープン化、キュレーション、メディア化‥‥だけじゃない!

■ 集中企画:これから始めたい人のための『LINE@』徹底ガイド
 リアル店舗やECショップに最適! クーポンなども使える話題のマーケティングツール

■ WD SELECTION
 WDが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
  倉敷中央病院 研修医実技トライアウト/ちゃんりおメーカー/オクリモヨウ/あいうえお作文RAP プロジェクト/集中.jp/360° Trip in Sunset Beach Corona Extra/Nike ? Ge? Kendini/KAMABOKO ROAD TO 1000 900周年 祝っている場合じゃない。/北千住デザイン

 ナビゲーターが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
  眞鍋海里:[バズ施策]悶々としたら手を動かす:#HandsOff
  築地 Roy 良:[デジタルプロモーション]メイクを変えるきっかけ:Makeup Genius
  仲 暁子:[Webサービス]老舗の羊羹のように:Trello
  神谷憲司:[IoT]Less is moreの精神で:Geoph

■ デジタルプロモーションの舞台裏
 6年の歳月が生んだ、オロナインのWeb動画プロジェクト

■ モバイルビジネス最前線
 Yahoo! JAPANスマートフォントップページ:情報は「読む」から「見る」時代へ

■ モノを生むカイシャ
 いま注目したい制作会社の強みを探る:Goodpatch

■ ECサイト業界研究
 越境EC:海外市場で成功するために乗り越えるべき5つの壁

■ 行動デザイン塾
 「行動デザイン」って何?

■ サイト改善基礎講座
 自社のシナリオ磨きは、恋愛術の成長のごとし

■ 課題解決のためのU実装講座
 一覧ページにおけるグリッドレイアウトのUI表現

■ 解析ツールの読み方・活かし方
 コンバージョンにつながるアクセス向上の勘所

■ Bay Area Startup News
 メインはシリコンバレーからサンフランシスコへ。革新を起こすスタートアップが生まれる土壌とは?

■ 知的財産権にまつわるエトセトラ
 よくある家族写真に著作権は発生するのか?

■ 清水幹太の「Question the World」
 Yancey Strickler(Kickstarter 共同創業者・CEO):超文系こじらせ兄ちゃんがつくりたかった「道具」

■ ツクルヒト
 小林和史(美術家):一枚紙で生む昆虫に宿る世界の「切り口」

■ Column
 ハギハラ総研:10年でメディア環境はどう変わったか
 最果タヒの「詩句ハック」:第15回 詩ェイク
 デザインにできることMonologue:Vol.140 花の力
 エキソニモのドーン・オブ・ザ・ボット:誰の呼びかけにも応えるシリ軽「Siri」に人はどう向き合えばいい?

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています