将棋情報局

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その後、局面が進みました。先手陣が薄くなりましたが、後手玉もキズが生じたといえるでしょうか。中継室を訪れている対局立会人の窪田義行七段は「里見さんが少しいいのではないかと思います。ただし、岩根さんが開き直って受ければ難しいでしょう」と解説しています。先手がペースを握ったようです。後手がどう対応するのか目が離せません。
 
(琵琶)

 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


図の局面に進みました。互いに馬をじりじりと活用するせめぎ合いが続いています。先手は次に△6六歩▲同銀△7六馬▲同馬△6六桂の攻めが残っています。ここ数手の攻防が勝敗を左右するかもしれません。

(琵琶)
 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


前回紹介した▲8五香(1図)から△7一桂▲7五桂△7四香▲8六飛△7五馬▲同馬(2図)と進みました。先手は▲8五香~▲7五桂と8筋を狙い、△7一桂~△7四香に▲8六飛と様子を見ました。以下△7五香と桂を外されて8筋を破ることはできませんが、▲7五同馬とした2図は、▲6五馬と歩を補充しながら馬の活用を見て、息の長い戦いになりそうです。

(琵琶)


 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲8五桂以下、△9九角成▲9三桂不成△同桂▲同角成△6二玉(図)と進みました。互いに角を成り合い、桂香を持ち駒にして激しい展開に進んでいます。やはり先手は歩切れのため、手を作るのに神経を使うことになるでしょう。実戦は▲8五香と進んでいます。


(琵琶)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


盤上はじっくりした駒組みが続いていましたが、里見咲女流初段が▲9五歩(1図)と打って出ました。以下△9五同歩▲9三歩△同香▲8五桂(2図)と9筋を角桂のにらみで狙います。部分的には厳しい攻めですが、後手に△9九角成と香を取られながら馬を作られてしまうデメリットもあります。先手は歩切れですので、中継室では「リスクのある攻め」という声も聞かれます。

(琵琶)