将棋情報局

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


図は15時過ぎの局面です。
先手が端を絡めた攻めで後手玉を乱しましたが、ここまで来ると後手がしのいだ印象です。駒割りは銀桂交換で先手駒得ながら、大駒を押さえ込まれて、香取りも残っていては、やや先手が苦しいと見られています。ただ、甲斐女流五段は図から▲1八香と冷静にかわしました。これがいい辛抱で、まだまだ形勢は微差。ここからが互いに底力を見せる勝負どころになりそうです。

手厚い指し回しで先手の攻めをしのいだ伊藤女流三段。

(八雲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


図は14時10分過ぎの局面です。
先手が攻めていますが、後手も反撃の味を見せつつ手厚く受けに回っており、互角の攻防が続いています。いま指された▲1五歩は、序盤の端の突き合いを生かした手。これでうまく攻めが続くようなら、甲斐女流五段の序盤の駆け引きが功を奏した形になります。

序盤の端の突き合いを生かすべく、端攻めに出た甲斐女流五段。

(八雲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


12時35分頃の対局室には甲斐女流五段が戻っていた。伊藤女流三段は12時半頃までずっと盤の前で考えていたが、この時間は外していた。

37分頃に伊藤女流三段が入室。

再開が告げられても伊藤女流三段は動かなかった。



対局者の手元にはマイナビカップ。

(八雲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


12時、図の局面で伊藤女流三段が22分使って昼食休憩に入りました。消費時間は▲甲斐1時間0分、△伊藤58分。昼食の注文は両者ともにありません。対局は12時40分に再開します。

(八雲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


10時57分頃、先手が右四間飛車から▲4五歩と仕掛けて開戦しました。両者は過去にも似た戦型で2回戦っていて、戦績は1勝1敗となっています。三度目の戦いを制して勝ち越すのはどちらでしょうか。ここまでの消費時間は▲甲斐40分、△伊藤16分。

一手一手に時間を使いながら序盤を指し進めた甲斐女流五段が仕掛けた。

伊藤女流三段はここまで16分の考慮。予想していた展開の一つだろう。

(八雲)