将棋情報局

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この局面で伊藤女流三段が投了しました。終局時刻は16時28分。消費時間は、▲西山2時間23分、△伊藤3時間0分。勝った西山女王は3勝2敗で防衛し、4連覇を決めました。

(紋蛇)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時刻は16時を回りました。西山女王が攻め続けて、図の局面です。次の▲3二銀成△同金▲4一銀が厳しく、後手玉はすでに相当に危険な状況。一方の先手玉は手つかずで、形勢は西山女王がはっきり優勢です。

(西山女王。攻めの力で棋勢を引き寄せた)

(伊藤女流三段。残り時間はあと10分ほどになっている)

(睡蓮)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


図は15時25分頃の局面です。▲4一とに対し、伊藤女流三段が16分の考慮で△4一同銀とし、銀を犠牲にと金を消しました。以下は▲4一同竜△5二銀▲3一竜までパタパタと進行。穴熊の銀をはがせたのは大きく、西山女王がややリードしたのかもしれません。例えば▲3一竜に△7八とは、▲8四銀と後手の飛車を押さえる手が利きます。


(西山女王)

(控室で継ぎ盤に向かう香川女流四段)

(向かいに座るのは田中寅九段。△4一同銀をモニターで確認し、「あっ、取ったの?」と驚きの声を上げた)

(睡蓮)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


15時、伊藤女流三段は2三の銀を△3二銀(上図)と引いて、▲4一とを防ぎました。これも受けの好手。対して西山女王はと金で取られそうな桂を▲6五桂(下図)と跳ね、力技で攻めを続けようとしています。△6五同歩なら、▲5五角、あるいは▲7五角です。

西山女王の攻めに、伊藤女流三段の受け。互いに持ち味を発揮し、難しい形勢のまま指し手が進んでいます。

(西山女王)

(伊藤女流三段)

(睡蓮)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


図は14時過ぎの局面。西山女王が20分ほど考えています。先手は竜を作っていますが、5二から銀を上がった△6三銀が先手からの▲7二竜や▲5四銀を消したよい辛抱で、控室の田中寅九段も絶賛していました。形勢はまだまだいい勝負のようです。

(伊藤女流三段。先手からの早い攻めを消して、バランスを保った)

(睡蓮)