将棋情報局

第13期 >> 本戦1回戦

決め手か

2019.10.21

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019-10-21a.png
図の▲9一竜が鮮烈。先手玉にも危険が迫ってきたところでしたが、甲斐女流五段は決め手を用意していました。以下△9一同玉に▲9三金と押さえ、後手は受けが難しくなります。これは終局が近そうです。

(康太)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019-10-21l.png
苦し気な小野アマは先手のと金が間に合ってくる前に、端から勝負に出ました。先手玉は側面から攻めると果てしなく遠いですが、端から攻めればすぐに王手がかかります。先手も気持ちの悪い格好になってきました。
%E7%B5%82%E7%9B%A4%EF%BC%91.jpg
%E7%B5%82%E7%9B%A4%EF%BC%92.jpg

(康太)

第13期 >> 本戦1回戦

長期戦か

2019.10.21

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019-10-21k.png
図は15時過ぎの局面。甲斐女流五段は金取りを放置し、▲4三歩と垂らしました。△5五馬▲4二歩成の順は先手が瞬間的に金損ですが、5二金はすぐに取り返せる格好。双方堅陣なので長い戦いが予想されますが、やはり先手がリードを維持しています。
%E5%B0%8F%E9%87%8E%E3%80%80%E5%8D%88%E5%BE%8C.jpg
(小野アマは巻き返せるか)

(康太)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019-10-21g.png
さらに大駒をめぐる攻防が続き、図の局面まで進んで飛車と角の取り合いになりました。先手からは▲4三歩成~▲2二飛~▲5二とのわかりやすい攻めがあります。小野アマは暴れていかなければなりませんが、歩の利く筋も少ないので手段が難しそうです。甲斐女流五段が優位に立ったと見ていいでしょう。

%E7%94%B2%E6%96%90%E3%80%80%E5%8D%88%E5%BE%8C.jpg
(甲斐女流五段がリードを奪ったようだ)

(康太)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019-10-21e.png
図は13時30分頃の局面。甲斐女流五段は繰り出した金を軸に後手の飛車を押さえ込んでいます。ただし、小野アマも4七に馬を作って2六角をいじめることはできそうです。形勢に関してはこれからですが、ここ数手が勝負どころでしょう。
%E5%B0%8F%E9%87%8E.jpg
(小野アマは馬を軸に攻めていく)