将棋情報局

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


(再開前の対局室。千葉女流四段が読みふけっている)

(塚田女流初段は、再開の2分前に戻ってきた)

(再開を告げられると、すぐに着手する)

(指し手は黙って飛車を引く▲2九飛だった)

(午後の戦いに入る)

(睡蓮)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


(昼食休憩時の対局室)

(手番の塚田女流初段の側から見た盤面。▲2九飛と飛車を引く手以外に、▲4五桂や▲3四歩も考えられそうだ)

(塚田女流初段の座布団の上には、扇子とハンドタオルが残されていた)

(睡蓮)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


千葉女流四段が△2四銀とした手に対して塚田女流初段が7分考えたところで正午になり、昼食休憩に入りました。ここまでの消費時間は▲塚田52分、△千葉1時間6分(チェスクロック使用)。昼食の注文は、どちらもありませんでした。対局は12時40分に再開されます。

(睡蓮)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


図は11時10分頃の局面。前記事の△3六桂に、塚田女流初段は22分の考慮で▲3六同角と角を切り、△3六同歩に▲3五桂と相手玉に迫っていきました。攻めとしてはかなり厳しそうですが、千葉女流四段はどのように対応するのでしょうか。

(角を切っての攻めを決断した塚田女流初段)

(睡蓮)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


図は10時45分頃の局面。千葉女流四段が△3六桂と打って、4八金に当てつつ1八角の利きを遮断しました。前例では△2五歩が指されていたところ。桂打ちは用意の手でしょうか。ここからは指し手のペースも少し落ち着くものと思われます。

(千葉女流四段が前例から変化)

(睡蓮)