将棋情報局

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

202004161412_1-320x0.png
図は西山女王が▲5六金打としたところです。後手玉の上部を抑え、角に当てています。▲5六金打を見た田中寅九段は「冷たい手ですね」と話し、「先手が優勢に見えます。△3九銀の筋があって怖いのですが、そこを踏み込んでいくのが西山流ですね」と続けました。
202004161412_1-320x0.jpg
(手厚く盤上に金を投入して勝ちにいった西山女王)
(吟)

 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

202004161317_1-320x0.jpg
(本局のおやつは、明治記念館のオリジナル洋菓子ブランド『菓乃実の杜』の「キャラメルナッツのパウンドケーキ」。撮影用のおやつを食べた田中寅九段は「非常においしいです。これじゃ食レポにならないね。ナッツの量がちょうどいいです」と話しました。おやつは昼食休憩中に対局室に運ばれました。
202004161317_2-320x0.jpg
(吟)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

202004161307_1-320x0.jpg
(再開直前の西山女王)

202004161307_2-320x0.jpg
(加藤女流三段は駒台から歩を持ち、△4二歩と受けました)

202004161307_3-320x0.jpg
(吟)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昼食の注文は西山女王が「月見そば」(ほそ島や)、加藤女流三段が「うな重(梅)+肝吸い」(ふじもと)でした。
202004161218_1-320x0.jpg
(ほそ島やの月見そば)
202004161218_2-320x0.jpg
(うな重(梅)と肝吸い)

写真は撮影用に別注文したものです。

(吟)
 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

202004161209_1-320x0.png
▲8二飛に加藤女流三段が12分使って昼食休憩に入りました。消費時間は、▲西山女王58分、△加藤女流三段1時間。対局は13時に再開されます。
202004161222_1-320x0.jpg
(12時10分の対局室。加藤女流三段が対局室に残って考えていました)
(吟)