将棋情報局

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


感想戦終了後に勝利者インタビューを行いました。

 

以上で本局のブログ更新を終了いたします。
ご観戦誠にありがとうございました。
(八雲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


終局直後の様子。

伊藤女流三段は、優勢になってから鮮やかに寄せ切った。

先攻した甲斐女流五段だが、攻めが続かずカウンターを受けることに。


伊藤女流三段は、本棋戦では初の挑決進出。

(八雲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


106手まで、伊藤沙恵女流三段が勝ちました。終局時刻は16時31分。消費時間は、▲甲斐3時間0分、△伊藤2時間39分。勝った伊藤女流三段は、本棋戦初の挑戦者決定戦進出を決めました。

(八雲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


後手が鋭く踏み込んだことで、局面は一気に最終盤に入っています。どちらも後には引けない展開で、後手の攻めが決まるかどうかの勝負です。

(八雲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


時刻は16時を回りました。ここまでの消費時間は▲甲斐2時間50分、△伊藤2時間25分。図の局面で甲斐女流五段が時間を使っています。
盤上は後手が攻めを続けていますが、いま打った△7七歩で持ち駒を使い果たしました。ここで攻めが一段落すると、先手にも反撃のチャンスが回ってきそうです。ただ、先手は残り時間が少ないことが気がかりです。

【16時8分追記】
甲斐女流五段は、持ち時間を使い切ったところで、図から▲8七銀とかわしました。

(八雲)