100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

文芸 >> 小説


新訳・ドリトル先生物語

33989_ext_02_0.png

鉄板の児童文学を、イマドキの言葉で新訳

1920年にアメリカで発行された、児童文学作品『ドリトル先生物語』(ヒュー・ロフティング著)を、現代の言葉を使って読みやすく翻訳した「新訳」版。1840年頃のイングランド南西部で活躍する、博物学者・医学博士・ジェントリ(通称:ドリトル先生)の物語。第一巻となる本書では、伝染病に苦しめられているアフリカの猿たちを救ってくれと助けを求められたドリトル先生が、さまざまなトラブルに見舞われながらも切り抜けていく冒険が描かれている。

2013年02月18日発売
178円(税込)

  • 書籍を購入する

目次

 

【第1回】パドルビー
【第2回】動物語
【第3回】またお金の問題
【第4回】アフリカからの便り
【第5回】大旅行
【第6回】ポリネシアと王様
【第7回】サルの橋
【第8回】サルの橋
【第9回】サルの会議
【第10回】この世でもっとも珍しい動物
【第11回】キモメン王子
【第12回】医学と魔法
【第13回】赤い帆と青い翼
【第14回】ネズミの警告
【第15回】バーバリー・ドラゴン
【第16回】ホーホーは耳のプロ
【第17回】海の情報屋
【第18回】におい
【第19回】岩
【第20回】小さな漁村
【最終回】ふたたび、わが家へ

 

ひゅーろふてぃんぐ

ヒュー・ロフティング