100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

新訳・ドリトル先生物語

【第11回】キモメン王子

2017.05.15 | ヒュー・ロフティング

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第11章 キモメン王子

 

川のほとりで立ち止まり、みんなでお別れをいいました。
お別れは長い間つづきました。
何千匹ものサルがドリトル先生と握手をしたがるからです。
やっと、なかまだけになってから、ポリネシアがいいました。
「ジョリギンキをとおるときは、そおっと歩いて、声もおとして行かないといけません。見つかったら、またつかまってしまいます。私がだましたことを、きっと根にもってますから」
「それにしても、こまったのう。帰りの船をどうしたものか。……ま、いいかあ。海辺にだれも使ってない船が転がってるかもしれん。取り越し苦労はやめておこう」

続きをご覧いただくには、会員登録の上、ログインが必要です。
すでにマイナビブックスにて会員登録がお済みの方は下記の「ログイン」ボタンからログインページへお進みください。

  • 会員登録
  • ログイン