WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年2月号

[UXプロセス STEP3]02 そのビジネス、本当に成立していますか? 誰にも必要とされない物を作らないためにすべきこと

人間は、なかなか自身のやることを客観的には見られないものです。いま作ろうとしている物はユーザーにも企業にも良い体験をもたらすものなのでしょうか。そのビジネス可能性をきちんと検証しておきましょう。

ユーザーと企業どちらを優先すべきか

どんな企業でも、「これはユーザーに喜んでもらえるだろう(その結果利益も出る)」と思って製品やサービスをリリースしてきたはずです。しかし、実際に継続的に利用されるようになるのは、そのうちほんの1割だと言われています。アメリカの調査会社CB Insightsが2017年9月に発表したスタートアップの失敗原因では、42%を占める1位が「市場にニーズのないものを作ってしまったから」というものでした。そうならないためにも、ここまでに特定したユーザー課題と企業課題の双方を満たす落としどころを見つけていきます。

ただ、場合によっては両方を共存させることが難しい課題が出てくることもあるでしょう。そのとき、どちらを優先すべきかはケースバイケースです。たとえば、企業の課題解決にはアプリの一番上に大きくバナーを出したいけれど、それだとユーザーは使いにくいという場合だとしたら、ジャマなバナーはブランド毀損になり中長期的には不利益と考え、ユーザー体験価値を向上させる方を選択するというように判断してきます。

 

リーンキャンバスに必要項目を書き出してみる

自分たちがつくろうとしているものがユーザーと企業双方の視点からビジネス的に成り立つのか否かをチェックするためには、「リーンキャンバス」という手法が有効です。これは「ユーザーの持つ問題点と既存の代替手段」「企業が提供する解決策」「ユーザーの評価を知るための主要指標」「事業における独自の価値提案とわかりやすいコンセプト」「事業の圧倒的な優位性」「事業の伝達経路/情報が流れる道筋」「ターゲットにする顧客とアーリーアダプター」「事業のコスト構造」「収入の流れ」という9つの項目を書き出していくというものです。埋められない項目があれば課題特定が十分ではないと言えますし、辻褄の合わない項目があれば事業として成立していないと言えます。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年2月号

Web Designing 2018年2月号

2017年12月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

デザイナー経験ゼロでもわかる 最新UXデザイン

サンプルデータはこちらから

Webビジネスの勝ち組は「制作前」にコレをやっている!
成功するUXデザイン

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「下ごしらえ」のひと手間が、Webサイト実制作の難易度・ビジネスの成否を大きく変える!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PVは上がっているのに、コンバージョンに繋がらない!
Webサイトが期待するほどの効果をあげられない!
そこで、サイトの改善を急務として考えている方は多いと思います。

Webサイトの弱点を改善して、成果の出せる武器にしたい、もしくは、Webを有効活用した新しいビジネスを立ち上げたい。そうお望みの方に、「UX(ユーザー体験)」のノウハウをお勧めします。

UXとはとても端的に言えば、ユーザー視点で設計やデザインを考えることです。マーケティングの世界は、ユーザーの心をとらえる「体験を売る」時代になり、ますますこの考え方が取り上げられるようになりました。ただ、「UX」という言葉が先行して、イマイチ何のことかわからない、理論はわかるけど実際にどこから手をつけていいかわからないという方も少なくないのではないでしょうか。

UXは闇雲に叫んでも成功するものではありません。そこには理論に基づく準備やプロセスがあります。
本特集を一通りお読みいただければ、無意識にUXの理論や見るべき視点、メリットや期待できる効果などが把握でき、みなさんのビジネスの現場で応用ができるようになることでしょう。

【段違いの成果が出るUXの「5プロセス」】

[1]心を1つに。
プロジェクトチームの意識共有を図ろう

[2]お客様を知る。
ユーザーの「ホンネ」や動向を知ろう

[3]商品を知る。
プロジェクトにおけるビジネス的課題を把握しよう

[4]理想を描く。
商品のあるべき姿を描き、実現のためのアイデアを練ろう

[5]つくる・見せる・話を聞く。
原型を部外者に試してもらい、反応を見よう


<こんな方にオススメです>
・UXをまずは何から始めていいのかわからない
・UXってデザインだけじゃないの?
・そもそもUXってなにがよくなるの?
・部署を横断して取り組むべきなのはなんとなくわかっているが、説得する自信がない
・理論だけではなく、現場で実践していることが知りたい
・Web解析時のUX評価方法や改善方法を知りたい
・UXの重要性をクライアント・上司に理解してもらいたい
・効率よく成果をもたらすためのテクニックを知りたい

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています