WD Online

One's View コラム Web Designing 2016年12月号

【コラム】広告をつくる目と、見る目 今号のお題「インターネット広告」

さまざまな方々に、それぞれの立場から綴ってもらうこのコラム。ひとつの「お題」をもとに書き下ろされた文章からは、日々の仕事だけでなく、その人柄までもが垣間見えてきます。

こんにちは! 大阪のちょっとやんちゃな八尾という地域にある社員35名の老舗石鹸屋で商品企画・広報を担当している峰松です。ひょんな事から毎号コラムを書かせてもらっています。

広告といえば、大学の頃に所属していたのは現代広告研究ゼミでした。メーカーや代理店に勤めている先輩から課題をもらってプロモーションを考えたりもしましたし、広告代理店が行っている学生向けのクリエイティブスクールに通ったこともありました(遠い目)。社会人になってからは消費財メーカーに就職したので、今度は広告主としてマスメディアからネットまでありとあらゆる広告メニューに出稿しました。特に、ネット広告は新人マーケターが担当することになっていて、バナーもたくさん作りましたし、動画広告で流すサプライズ企画なんかも手掛けたりしました。

しかし最近なんと、ひょんなことから広告に「出る側」を体験することになってしまいました。一般の人が、商品やサービスを使用した感想などを語っているような類のCMを目にすることが多いと思いますが、まさしくそれです(笑)。

出演依頼があったのはビジネスSNS「Wantedly」のテレビCM。Wantedlyを通して木村石鹸と出会い、実際に転職したという経緯から「出演してほしい」と依頼があったのです。出演と言ってもディレクターさんの質問に淡々と答えているところをカメラで撮影されるだけなのですが、実際にテレビで自分の映像が流れるのを見たときは何とも不思議な気持ちになりました。

いつも広告を見るときは視聴者というよりは広告主側の視点で見てしまいます。今回も「これ何でこのコメント切り取ったんだろ? もっと視聴者をハッとさせるようなコメントしたと思うけど(汗)」とか「この内容でちゃんとサービスの認知獲得に繋がったのかな?」とか、CMが流れている30秒の間に余計なことばかり考えてしまいました(笑)。

ちなみに余談ですが、わたしの家にはテレビがないので、さほど自分のCMを見ることもなかったのですが、実はこのテレビCM、後日動画がYouTubeのインストリーム広告で、バナーがDSPで配信されており、永遠とリタゲされて自分の広告に追い回される羽目になったのでした…。仕事をしている最中もサイトの端っこに自分の顔、音楽を聴こうにも自分の動画…まったく集中できなかったのは言うまでもありません。

c125e3535408da7f4636dd3de6e79c3b.jpg
CM撮影の際に記念として撮影した1枚。CM出演をしてみても、やっぱり広告主側の視点からは離れられませんでした(苦笑)。一緒に写っているのは9月に代替わりしたばかり、木村石鹸の新社長です

 

58206a13f7ab8511b45ba6d1c0080928.jpg
ナビゲーター:峰松加奈
新卒で外資系消費財メーカーに入社し、2015年夏より大阪の中小企業・木村石鹸工業(株)に転職。商品企画部門がなかったため、マーケティング室を立ち上げて自社ブランドの開発・育成に日々奮闘中。目標は、今までにない革新的なブランドを作って、「家事」の概念を変えること。木村石鹸ブログ:http://www.kimurasoap.co.jp/blog/ Twitter:@mnmtkn

掲載号

Web Designing 2016年12月号

Web Designing 2016年12月号

2016年10月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

インターネット広告の費用対効果

サンプルデータはこちらから

企業のIT推進担当者やネット運営者に向け、ネットビジネスの課題を解決するノウハウや最新情報をお届け。徹底した現場目線とプロへの取材&事例取材で、デジタルマーケティング施策に取り組む上での悩みや疑問、課題を解決するヒントを紹介します。

12月号の特集テーマは「ネット広告の費用対効果」。SNS広告やリスティング広告などの、少ない予算でも最大限の効果が期待出来る出し方、目的の設定方法、具体的な施策の進め方をゼロから解説します。

【Facebook広告】【Twitter広告】【Instagram広告】【リスティング広告】で宣伝・告知・PR効果を増幅しよう!

安価で、すぐに始められる広告形態として、インターネット広告の需要が高まっています。しかし、「かける費用に対し、どれだけの見返りが期待できるのか」疑問に思ったことがありませんか? 数あるインターネット広告の中で何が一番効果的で、どういった考え方で臨めばいいのか。本特集では、 Facebook 広告、Twitter 広告、 Instagram 広告、そしてLINE@とリスティング広告にフォーカスし「費用対効果」の視点から紐解いていきましょう。

 SNS担当者が体当たりでやってみた! “予算1万円”の広告で売上アップできるのか!?
 勝ちパターンで勝ち抜け! 費用対効果を高める「インターネット広告」
 費用対効果は何で評価していくのか?
 SNS広告の特徴と使いこなしのヒント
 [Facebook広告のココを理解せよ!]Facebook広告の2つの特徴とは / Facebook広告は「マッチング」広告だ / 「マーケティングの目的」に合わせた戦略策定を / 予算とPDCAの基本的考え方
 「ペルソナ」にフォーカスして進めるFacebook広告運用の新常識 「山田太郎ターゲティング」って何だ?
 [Twitter広告のココを理解せよ!]Twitter広告の強みを正しく理解する / 適切なターゲティングで費用対効果を上げる! / クリエイティブの基本と効果測定の考え方
 巧みなSNS広告運用でDAUが半年で5.5倍に
 [Instagram広告のココを理解せよ!]Instagram広告を実施するための基本 / Instagram広告の設定を理解しよう / 効果的な広告制作とさらなるビジネス活用
 これってどうする !? SNS広告現場の“困った!” Q & A
 [LINE@のココを理解せよ!]ゼロからのスタートでどこまでできる? / LINE@配信のコスト感を把握する
 運用効率バツグン!LINE@のリピーター施策
 [リスティング広告のココを理解せよ!]リスティング広告は集客ツールと自覚せよ / 算出したLTVを基に大海原に挑む / 集客後の「売り」と「リピート」がキー
 大手競合ひしめく化粧品市場、成功のカギは“待ち”の姿勢
 組み合わせで効果を発揮! 地域密着型ビジネスで使える、アナログ広告戦略

ほか

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています