WD Online

特集一覧 Web Designing 2016年10月号

オウンドメディアの大変なところと、でもやっぱりやってよかったこと。 担当者だから話せる現場の話を聞いてみました。

オウンドメディアの運用って大変そう…。そんな風に思っているあなたのために、人気のオウンドメディアを運用する3人に「やってみたからこそわかること」を聞いてみることした。社内の説得からネタ探し、KPIの設定にバズの狙い方まで本音で語ってもらいます!
聞き手:小泉森弥 Photo:黒田 彰

 

それぞれに事情も狙いも異なるオウンドメディア

「木村石鹸 よもやま噺」の峰松加奈さんと「KURANDマガジン」の辻本翔さん。二人のオウンドメディア担当者が訪れたのは、本誌連載でおなじみの未来食堂。ランチタイムのピークを過ぎるまで、まずは二人の話から聞いてみることにする。

─ 峰松さんは、以前から「KURANDマガジン」に注目していたとか。

峰松 読んでいて面白くて、しかも日に何本も記事をアップしているすごいメディアだからです。しかも、どうやら酒屋さんが運営しているようだとわかって、俄然興味が湧いたんです。

辻本 はい、うちはもともとECの酒屋をやっていまして、その宣伝のためにオウンドメディアを始めました。おかげさまで、いまは店舗も手がけるようになり、日本酒中心の「KURAND」、梅酒の「SHUGAR」、焼酎の「HAVESPI」と、それぞれお酒の販売・店舗とメディアを結びつけて運営をしています。さらにはお酒全般の情報を発信する「NOMOOO」というオウンドメディアも手がけています。

峰松 それだけの媒体をどんな体制で動かしているんですか?

辻本 社内は僕一人なんです。もちろん原稿を書くところまではやりきれませんので、執筆は依頼をしています。

峰松 すごいな…。私が担当しているブログなんて、週に1本で精一杯なのに。

─ 木村石鹸のオウンドメディアもスタッフは峰松さん一人なんですよね。そもそもどんな経緯で始めたんですか?

峰松 私は1年ほど前に木村石鹸に転職してきまして、広報とか商品企画とか、いろいろな仕事の一環としてオウンドメディアを担当するようになったんです。

辻本 うちの運営会社(リカー・イノベーション)は起業してわずか3年なんですが、木村石鹸さんには歴史がありますよね。

峰松 家庭用洗剤や工業向け洗浄剤をつくって93年になります。ただ歴史がある反面、ネットを使ったマーケティングとは無縁な会社でした。それが若い副社長の旗振りで、その体制を改めよう、と。でも「お金かける意味があるの?」みたいな声もあって、実現するのは大変だったんです。そのあたりの経緯についてはまとめた記事がありますので、「オウンドメディアをやりたいけど」、と悩んでいる方にぜひ読んでいただきたいです。

─ さすが広報さん、宣伝がうまい!(笑)

一同 (笑)

 

目標設定から記事のネタ集めの仕方まで

起業時からメディア戦略を重視したKURANDマガジンと、社内の新しい武器としてオウンドメディアを始めた木村石鹸。対照的な二社である。

─ それぞれ、メディアの目標、KPIをどう設定したんでしょうか。

辻本 メディア開設当初は、お酒に特化した内容で大量に記事をアップし、バズらせて話題を呼ぶことをメインに考えていました。たくさんの人にサイトに来てもらうことで、ECサイトでの販売につなげていこう、と。その目標は、グノシーなどキュレーションサイトに記事を取りあげていただいたこともあって、なんとか達成することができました。いまはそれに加え、開業した飲食店の予約につなげることを重要なKPIと考えています。

峰松 辻本さんのお話と比べてしまうと、小さなことなんですけど、「とにかく更新を続けること」を目標にしました。週に1本でもいいから諦めずにやっていこう、と。いま振り返ると、それが良かったと思います。当時の社内の意識のあり方を考えると、そこで閲覧数や売り上げを目標に掲げて結果を求められていたら、身動きが取れなくなってしまったと思います。

小林 それで1年続けてきて、売り上げは変わったんですか?

峰松 直接オウンドメディアと結びつけていいのかはわからないんですが、楽天での売り上げは3倍になりました。

小林辻本 すっ、すごい!

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2016年10月号

Web Designing 2016年10月号

2016年8月18日発売 本誌:1,559円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

サンプルデータはこちらから

■ 特集:“小さく始める”オウンドメディアのつくり方

「ブランディング、集客、ひいては売上を伸ばすための施策としてさまざまな企業が実践している「オウンドメディア」。競合がはじめているから、いまの時流だから、自社の利益に繋がるならば、などとオウンドメディアをはじめようと思っている方も多いはずです。けれども「Webサイトをつくり、クオリティの高い記事を毎日更新していくのはムリ…」と思われている方、決してそんなことはありません。SNS、ブログ、自社サイトなど、すでにある“コンテンツ”を活かして自社の利益へとつなげることができるのです。オウンドメディアは、大きな会社だけのものではありません。予算をおさえながらも、大きな効果を生むオウンドメディアについてご紹介していきましょう。

第1部 効果的なオウンドメディアの制作→発信術

#新人まこちゃん、インターンとしてあのLIGブログに!
今さら聞けないオウンドメディア
#大事なのは「愛」と「戦略」
基礎の基礎から理解するオウンドメディア
#スピードこそが正義だ!
オウンドメディアは2週間で立ち上げよ!
#重要なのはアクションしてもらうためのスイッチ
“拡散”の秘訣は導きたい結果からの逆算
#スモールスタートで成果を出す
担当者ひとりでもできるオウンドメディアのはじめ方

#【座談会】担当者だから話せる“現場”の話
オウンドメディアの大変なこと、やってよかったこと

#構築後の改善アクションで、他社をリードする
「目標設定」と「効果測定」

#ふたたび新人まこちゃんが登場! 先輩オウンドメディアを紹介
あれも? これも!? オウンドメディア

第2部 事例から学ぶ“小さく始めて”成功する方法

【Case Study #01_河内屋】自社で運営するメリット
特殊印刷の事例で“魅せる”世界観を社内で発信

【Case Study #02_一俊丸】業界不振も、売り上げは2倍に
老舗釣船店メディア3つの掟

【Case Study #03 _Happy Maker!】自社の強みでユーザーとつながる
オタク向けに特化した婚活コンテンツ

【Case Study #04 _町田美容院の知恵袋】意外な手段で記事を量産
自前サイトで勝ち取った集客の極意

【Case Study #05 _SMASH WATCH】新たなコミュニケーション
ECサイトと連携したオウンドメディア
【Case Study #06 _箱庭haconiwa】Webのプロから学ぶ
共感を得る“好き”の気持ちとノウハウ
【Column】海外のSNSはいまどうなってる?
_オウンドメディア㊙記事“作成術”
_うまく活用したい補助金・助成金

■ WD SELECTION
マジョリ画/ Bascule Inc-βver. /ジムナストコロン/水曜日のカンパネラ OFFICIAL SITE/踏み台上等。dof のサマーインターンシップ/ユニコーンNEW ALBUM「ゅ 13-14」特設サイト/ ayanomimi /武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科/MIKIYA TAKIMOTOPHOTOGRAPH OFFICE - 瀧本幹也/ DeNARunning Club /ストリアクリニック/ illion"Water lily" Connected JamVideo / Gallery Site「SHINYA KIYOKAWA」/ ECHO 50V BATTERY SERIES

■ ビジネス・EC
□ ECサイト業界研究
「わさび式」記事作成法で集客力アップ!

□ モバイルビジネス最前線
MagicPrice:アドテクの活用でホテルの最適料金を予測

□ 知的財産権にまつわるエトセトラ
店内のBGMと著作権

□ Bay Area Startup News
ビットコイン技術で護るBlockai社の試み

■ マーケティング・プロモーション
□ データのミカタ
企業におけるクラウドの普及はどこまで進むか

□ デジタルプロモーションの舞台裏
面白法人カヤック:自らの強みを最大限アピールしたコーポレートサイト

□ 行動デザイン塾
オウンドメディアに求めたい「アクセシビリティ」

□ 解析ツールの読み方・活かし方
ベンチマーキングで市場を見ながら自社の評価を行う

■ コラム
□ One's View
今月のお題【オウンドメディア】
育てるための3つのポイント by 白井明子
オウンドメディアの副作用 by 土屋尚史
“リアル” な空間や体験の価値 by 峰松加奈

□ 未来食堂の「せかいと未来」
自ら発信するためのメディア

編集部よりお詫びと訂正のお知らせ

本誌P67「Case Study01 河内屋」記事内におきまして、誤記がありました。関係者の皆様にお詫び申し上げます。以下に正しい表記を掲載いたします。

× Web制作会社の(株)ナイルはコンサル事業を行っており
○ Webコンサルティング事業を行うナイル(株)が

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています