特集

知って得する! App Storeスーパーテクニック

問題を報告して改善を依頼する

アプリのレビューを見ていると「アプリ内課金のアイテムが増えない!」「購入したけど動きません」といったクレームが寄せられているのを散見します。レビューに書き込んでもサポートは受けられませんが、正式な申請方法があるのを知らないためでしょう。実は、App Storeのコンテンツの「問題を報告する」というサイトが用意されています。間違って購入したアプリや課金アイテムが追加されないなど、トラブルが起きたときに、そのサイトから返金を申請することができます。

  • a6a972edc8986a967c301ffcbbe0e567.jpg

「問題を報告する」のWEBサイトにアクセスしてApple IDでサインインしたのち、トラブルが発生した購入やアプリ内課金を探して[報告]をタップします。【URL】https://reportaproblem.apple.com/

 

  • 9469dcdbfd46bafb19685a70fd704cce.jpg

[問題を選択してください]をタップして該当する問題を選び、詳しい状況を記入してから[送信]をタップします。ここで[返金]ボタンが現れれば数日で返金されます。

 

 

コードを最速でチャージ

App Store & iTunes ギフトカードのコードを入力するには、「App Store」アプリの[Today]タブを一番下までスクロールして[コードを使う]をタップするか、右上の[アカウント]から[ギフトカードまたはコードを使う]をタップすると出てきますが、もっとも手っ取り早いのはホーム画面で「App Store」を3Dタッチして[コードを使う]を選ぶことです。

  • e9767175ec4f513a7018831f0952fe77.jpg
  • 430dc8c6f41720ce21c31085332f5820.jpg

App Storeアイコンを3Dタッチするとポップアップするメニューから[コードを使う]を選びましょう。ワンタッチでコードが読み取れます。

 

 

[アップデート]タブをリフレッシュ!

App Storeの[アップデート]タブには、文字どおりアップデートされたアプリがリストアップされます。しかし、アップデートされているはずのアプリが出てこない、アップデートしたのにも関わらず表示され続けるといった現象がまれに起こります。これまでは[アップデート]タブを連打したり「App Store」アプリを強制終了したりといった対症療法が使われてきましたが、現在は[アップデート]タブを下に引っ張るジェスチャで再読み込みできます。メールでの再読み込みと同じジェスチャですが、言われないと気づきにくいものです。

  • 64f46f7d8f5ec0fa6083887e87600b39.jpg

[アップデート]タブを上から下に引っ張るようなジェスチャを行えば最新の状態に更新されるはずです。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

[2018]最盛期を迎えるアプリ市場アップストアは新たな10年へ

<<

「App Storeの功績とベストアプリ」の目次