特集 特集

「写真」ソフトで思い出を再発見しよう!●macOS Sierra かんたん強化術

アップデートされたmacOSシエラで「写真」ソフトを起動すると、しばらくの間フォトライブラリの解析が行われます。これにより、撮影日時や場所、写り込んだ人物や被写体などから自動的に写真を分類・整理してくれる「メモリー」機能が使えるようになり、さまざまな過去の思い出をアルバムやスライドショーとして楽しめるのです。また、撮影したシーンや被写体に関するキーワードから写真を探せる「インテリジェンス検索」も利用可能になります。

さらに、写真の編集機能も強化され、「ブリリアンス」の調整機能やマークアップによる描き込み機能が新たに追加されました。アイクラウド・フォトライブラリとの連係により、これまでよりもスムースにMacとiOSデバイスで写真を管理できるようになっています。

ここでは「写真」の新機能や強化点について解説していきます。

 

インテリジェンス検索する

新しくなった「写真」のインテリジェンス検索は、ディープラーニングによる画像解析機能によって、フォトライブラリ内の写真を自動的にそのシーンや対象物のカテゴリ名、人物の表情や思い出のイベントから検索できるようにするものです。これまで写真をキーワードで検索するには、アルバムで整理したり個別の写真にタグ付けや説明文を追加する必要があったのですが、こうした手間が一切不要となります。

検索可能なカテゴリ名やキーワードは公表されていませんが、技術情報などから現状は153種類のカテゴリと4432種類のシーンやオブジェクトをキーワードとして検索できるとされています。このキーワードはグローバルで共通ですが、日本語環境では英語で検索できません。実際に試したところ「猫」「カレー」「タワー」「水辺」といった普遍性のあるキーワードの検索精度はかなり高いですが、「おにぎり」「富士山」といったローカルワードはほとんど対応していません。また、ユーザ自身がカテゴリを増やしたり、カスタマイズすることもできません。膨大な検索キーワードをユーザが覚えるわけにもいきませんので、現状ではより抽象度の高いキーワードで検索するのが、使いこなしのポイントになります。

  • ba884eb7d60b931f0d894dc79cccc318.jpg

ウインドウ右上の検索欄にキーワードを入力すると、それに該当するシーンや対象物が含まれた写真を「カテゴリ」として分類して結果を表示してくれます。また、「地域」や「撮影地」、「アルバム」などからも探してくれます。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

macOS Sierra かんたん強化術
新たな機能が多数搭載された最新OS「macOS Sierra」ですが、新機能をどのように使いこなせばいいのか?と困っているユーザもいるでしょう。そんな人に役立ててほしい「かんた...

<<

「macOS Sierra かんたん強化術」の目次