特集 特集

ストレージを最適化してMacをスリムにしよう!●macOS Sierra かんたん強化術

シエラには、内蔵ストレージ内を監視して、空き容量が少なくなるとさまざまな方法で自動的にストレージの節約を実行する機能が搭載されています。たとえば、アイクラウドで同期した[デスクトップ]と[書類]フォルダ内のファイルを、容量が足りなくなってきたときに古いファイルを内蔵ストレージから削除してくれます。ほかにも、視聴済みのiTunesムービーを自動的に削除したり、ゴミ箱に入れて30日が経過したファイルを自動で消去したりと、ストレージ容量を節約するための細かな機能が充実しています。ここでは、その活用方法を取り上げていきます。

 

ストレージ最適化の管理画面をチェック

ストレージを最適化する前に、まずは自分のMacのストレージ容量をチェックしておきましょう。アップルメニューから[このMacについて]を選択し、[ストレージ]をクリックすると、Macの内蔵ストレージの空き容量と、各種カテゴリのファイル(ソフトウェア、書類、写真など)で使われている容量の概要を把握することができます。

では、ここから最適化を進めていきます。先ほどのストレージ容量画面にある[管理]ボタンをクリックすると、「システム情報」というソフトが起ち上がります。このソフトを使ってさまざまなストレージの最適化を行えます。[おすすめ]の項目は大きく4つに分かれており、そのうち上側の3つの項目は、横にあるボタンを押すと最適化をオンにできます。これから順に見ていきましょう。

  • 890ad976117b4a5340f2c0410d7a55ed.jpg

(1)アップルメニュー→[このMacについて]を開いて[ストレージ]タブに切り替えると、現在のストレージ使用量が確認できます。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

より強固になったGateKeeper●macOS Sierra かんたん強化術

<<

「macOS Sierra かんたん強化術」の目次