特集 特集

Sierraの隠された新機能をフル活用しよう●macOS Sierra かんたん強化術

これまで紹介してきた機能以外にも、macOS シエラには、さまざまな新機能が搭載されています。旧OSである、OS Xエルキャピタンと見た目があまり変わっていないことから「どこが変わったのかわかりづらい」と言われてしまうこともあるシエラですが、これを見てもらえば、ユーザエクスペリエンスを向上させる多くの変更点があるということがわかるはずです。それらを余すことなくフル活用していただき、より楽しく効率的なMacライフを送りましょう。

 

 

メニューバーを使いやすくカスタマイズしよう

MacBookなど画面サイズが限られたMacの場合、状況によってはたくさん並んだメニューバー項目が一部隠れてしまうことがあります。「使用頻度が高いメニューバー項目なのに肝心なときに使えない…」。そんなもどかしさを感じたことはないでしょうか。しかしシエラでは、OS標準のメニューバー項目かサードパーティ製のメニューバー項目かに関係なく、すべての項目の並び順を自由に変更できるようになりました。並べ替えの方法はズバリ[コマンド]キーを押しながらメニューバー項目をドラッグするだけです。

並べ方のコツは、やはりよく使う項目から右に置いていくのが一番だと思います。自分のMacの使い方を振り返りながら使いやすい並び方を検討してみましょう。

  • 8ea81acfe3e016277ed4eb3b61a09ae6.jpg

[コマンド]キー+ドラッグですべてのメニューバー項目を並び替えられます。

 

 

スペースバー2度押しでピリオドを入力

シエラでは、スペースキーを2回押すことで「.」(ピリオド)を入力できる機能が追加されました。ピリオドが割り当てられているキーはキーボード内に存在するので、イマイチ便利さを想像しにくい部分もありますが、何行にも渡って英文を書くような場合は、文章の終わりにスペースキーを「タタン」と2度打ったほうがテンポよく入力を続けていけるというメリットがあります。長い英文を入力する機会が多い人は試してみましょう。­­なお、この機能を使うためには、入力ソースが「U.S.」になっている必要があります。日本語の半角英字モードでは動作しないので注意しましょう。

  • bcb953b0929e4da0c161033f5a5aa9cf.jpg

利用するには、システム環境設定の[キーボード]→[ユーザ辞書]パネルで[スペースバーを2回押してピリオドを入力]にチェックを入れます。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

メッセージでさらに会話を盛り上げよう!●macOS Sierra かんたん強化術
iOSとの親和性がより深まった

<<

「macOS Sierra かんたん強化術」の目次