100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

語学・教養 >> 語学・教養


信州学ライブラリー1犀川と千曲川

身近な切り口で長野県有数の大河・千曲川を解説

多様な文化資源の宝庫、長野県。著者は長野県を題材に、地理学的な知識と確かな歴史認識に裏打ちされた学際的な地域研究に長年取り組み、独特の「信州学」を提唱しています。信州の謎を解き明かす「信州学」の世界に触れてみませんか。 「信州学ライブラリー」シリーズ第一作となる本巻では、「“菜の花畑に入日薄れ”ではじまる唱歌『朧月夜』の成り立ちに千曲川が果たした役割とは?」「千曲川流域でリンゴ栽培が盛んなのはなぜ?」など身近な切り口で長野県有数の大河・千曲川を解説します。

目次

 

【第1回】善光寺平を流れる千曲川―肥沃な沖積平地―

【第2回】奥信濃を流れて下る千曲川

【第3回】犀川流域誌―日本アルプス最大の河川―
【第4回】長野盆地の自然と土地利用―その風土の歴史地理学的考察― (1)
【第5回】長野盆地の自然と土地利用―その風土の歴史地理学的考察― (2)
【第6回】長野盆地の自然と土地利用―その風土の歴史地理学的考察― (3)
【第7回】長野盆地の自然と土地利用―その風土の歴史地理学的考察― (4)
【第8回】長野盆地の自然と土地利用―その風土の歴史地理学的考察― (5)
【第9回】長野盆地の自然と土地利用―その風土の歴史地理学的考察― (6)
【第10回】長野盆地の自然と土地利用―その風土の歴史地理学的考察― (7)
【最終回】長野盆地の自然と土地利用―その風土の歴史地理学的考察― (8)