WD Online

特集一覧 Web Designing 2017年12月号

最近のデジタル信頼性問題と正しい対応&心構え Webまわりの事例は尽きず。常にキャッチアップを!

デジタルマーケティング界隈では、日々さまざまな公開の信頼性が問われる新たな事象が起きています。私たちはどう立ち向かうべきでしょうか?

法的な最新事情に関心を!

Webでの公開は著作権に限らず、さまざまな法律の縛りを引き受けながら、魅力のある状態を作り出す必要があります。その点でも、今後の表現方法や訴求内容について、一石を投じることとなりそうなのが、7月14日に消費者庁が公開した「打消し表示に関する実態調査報告書」です。

景品表示法では、「個人の感想」などといった記載(=打消し表示)があれば、「これをやると●●●になりました」といった表現や、効果効能を謳う表現はセーフ(適法内)となっていました。「個人の感想だから」と説明がつくからですが、報告書では、そもそも「打消し表示」に気づかないという見解が、調査結果とともに示されました。消費者庁が「現状のままでは放置できない」という考えがあっての動きと推察します。

現時点ではまだNGとはなっていませんが、今後、表現について規制が加わる可能性はあります。法的なルールが変わった場合、過去のコンテンツには問われませんが、現在進行形で進めているコンテンツは必ず対応する必要があります。

打消し表示に関する実態調査報告書」(消費者庁)

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2017年12月号

Web Designing 2017年12月号

2017年10月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

Webビジネスを勝利に導く「数字力!」

サンプルデータはこちらから

Webビジネスで起こる課題や悩み、ほとんどは数字で解決できます!


◆プロはこの数字にこだわる
【PVとセッション】【直帰率】【クロージングCV】【KPI】【SNS反応率】【関連度スコア】




Web担当者であれば、Googleアナリティクスなどで日々自社のWebサイトの動きをチェックしていることでしょう。PVやUU、回遊時間、離脱率…これらはWebサイトの目的を果たすために現状を把握し、改善につなげるためには必要な数字なのは間違いありませんが、はたして本当に現状を把握し「売り」につなげる数字の見方をしているでしょうか?

Web Designing12月号の特集「Webビジネスを勝利に導く数字力!」では、Web担当者が直面する業務上の悩み・課題に沿った形で、的確な意思決定をするための数字の見方、取得方法、判断方法、そしてそれを上司やクライアントに伝える方法をWebマーケティングのプロから学びます。

日々の業務の悩みレベルから数字力を発揮すれば、全てを実行した後には「成功する解析」「成果を出せる数字」を自分の武器にできる考え方が身に付いているはずです。

「とりあえずPVやUUを見て一喜一憂している」「数字のどこをどう見ていいかわからない」「KPIの立て方がわからない」など、日頃の業務で困っている皆さん、本特集でWebビジネスにおける「数字の見方」「数字を根拠にしたビジネスの考え方」を学び、さらに根拠のある判断、効果的な戦略を立てられるようになりましょう。


<こんな方にオススメです>
成果が出せず焦っているWeb担当者
上司に「Web、いい感じにしてよ」とだけ言われた…
とりあえずPVとUUを見て一喜一憂している
Webビジネスの戦略・目標が立てられない
サイトの善し悪しが判断できない
制作会社に的確な指示ができない
ネット広告が予算の無駄遣いになりそう…
いま優先すべき課題がわからない
PDCAのまわし方がわからない
コンバージョンが成果につながらない
会議が時間だけかかって前に進まない
他部署や上司に提案を通したい
旧態依然とした会社の意識を変えたい

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています