特集 特集

モンスターの称号にふさわしい内部構造

すべてがプロ仕様

内部で注目すべきは、プロセッサ。コア数は最低でも8コア、さらに10、14、18コアまで選べる桁外れのスペックだ。プロセッサ・ブランドも8月末に発表されたばかりのワークステーション向けのハイエンド「ジーオン(Xeon)W」が投入され、名実ともに業界トップクラスの性能を持つ。

ハイエンドを採用しているのはCPUだけではない。GPUに採用されるラデオン・プロ・ベガ(Radeon Pro Vega)は、AMD社が総力を結集して開発したハイエンドモデル。レンダリング描画性能だけでなく、VRやAR、そしてGPGPUとあらゆる分野のプロのニーズに応えられる性能を持つ。

このCPUとGPUを支えるために、メモリとストレージにも高い基準のグレードが選別されている。メモリは2666MHzのDDR4規格が指定されており、これはDDR3だったMacプロはもちろんiMacの2400MHzタイプよりもアクセス速度が早い。さらにサーバなどで用いられるECC(エラー訂正性機能)付きのモジュールを採用。これにより、CPUのスピードと品質がかなり厳しく求められるが、その一方で最大搭載量が128GBまで対応されるのはプロユーザにとっては朗報だろう。

それはストレージも同様で、速度面でボトルネックとなるハードディスクは候補から外れ、SSDのみの構成となった。また、これまでは「SSDは速度はともかく容量が少なすぎて足りない」という声も散見されたが、今回の構成では最低でも1TB、さらにオプションでは2TB、新たに4TBが提供されることになった。接続もSSD接続に最適化されたNVMeを採用、これによって4Kを超えるようなビデオ編集でもリアルタイムで可能な転送速度を実現している。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

漆黒ボディを纏う史上最強Macの外観

<<

「iMac Proが超スゴイ理由」の目次