特集 特集

Macのラインアップにおける立ち位置を理解する

AppleがiMac Proを作った本当の理由

文●栗原亮氷川りそな写真●黒田彰apple.com

プロを魅了するモンスターマシン
その隠された真価を読み解く

期待と想像を超えた存在

アップル製品としては2017年最後の注目製品─iMacプロが、いよいよ発売開始となった。6月に行われた開発者向けイベント「WWDC2017」の基調講演でサプライズとして発表されたこのデスクトップは、コンシューマ向けのiMacシリーズをベースにしながら、現行製品の中で最高の性能を持つモデルとして設計されており、さまざまな業界から注目を集めている。

だが、なぜ“iMac”なのか。アップルにはMacプロというハイエンド向けの製品が存在するのは周知の事実である。その答えにはHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング:高性能計算)分野におけるトレンドとテクノロジーの変化が関係している。

2013年頃を境に、パソコンはコンシューマベースでは、性能面で「速さ」をセールスポイントとして訴求することが難しくなってきていた。これはCPUの性能が一般的なソフトウェアの動作が快適に動作するまでに成熟し、ストレージもフラッシュベースに移行が進んだことで、スピード面でのボトルネックが大きく解消されたことなどに起因する。

だが、これはあくまでもコンシューマ視点での評価だ。プロの視点で見ればまだまだ足りない部分はたくさんある。たとえば映像分野で求められる画質はハイビジョンではなく「ウルトラHD(4K)」、さらには「スーパーHD(8K)」と呼ばれるより高精細で色彩表現の豊かなクオリティが求められるのが当たり前になりつつある。こういったデータを転送するにはより高速で、テラバイト級のサイズを持つ内蔵ストレージが作業スペースとして欠かせなくなってくる。さらに出来上がったビデオをエンコードするのにも、より高性能なCPUが時間短縮のために必要である。

また、GPUの性能を高く求める分野が増えてきているのも問題だ。最近話題の中心となることが多いVR(バーチャルリアリティ)はその代表格で、高精細で臨場感のあるコンテンツをスムースに再生させるためには高性能なGPUが欠かせない。

加えてGPUは、そのパワーを学術的な計算に用いるのもトレンドになっている。ディープラーニング(深層学習)に代表されるAI分野はその好例で、膨大な数のサンプルを並列処理するような用途では、GPUの特性を利用した「GPGPU」と呼ばれる計算技術を用いたほうが良い結果が得られる。その効率はCPUと比較して数倍から(内容によっては)最大で数百倍の性能を発揮するため、GPUの製品開発と性能向上にかける期待は、日を追うごとに高まり続けている。

アップルの顧客にはこういった分野の第一線で活躍するクリエイターや、科学者などがコア層として存在する。こういった彼らのニーズに応えるためにも、はた目から見ればオーバースペックとも思えるようなモンスター級のワークステーションを提供するのは、ある意味自然な流れでもあるのだ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

iMac Proが超スゴイ理由
プロを魅了するモンスターマシンその隠された真価を読み解く

<<

「iMac Proが超スゴイ理由」の目次