特集 特集

漆黒ボディを纏う史上最強Macの外観

意図を感じるデザイン

iMacプロの外観をチェックしてみよう。デザインはiMacを踏襲しているが、スペースグレイを基調としたデザインになっているのが特徴だ。過去を見ても、スペースグレイ、いわばブラックを基調としたのは、ディスプレイに液晶を採用した世代のiMacとしては初めてのことだ。CRT世代ではDVモデル(1999年)以降の上位機種にグラファイトカラーが存在したが、ブラックの筐体を採用したのはMacintosh Performa 5440(1996年)で、一体型モデルとしては実に20年ぶりとなる。付属の周辺機器もすべて本体と同じカラーで統一されている。マジックキーボードはもちろん、マジックマウス、オプションであるマジックトラックパッドも専用カラーが用意されている。さらに電源ケーブルやライトニングケーブルまで同色が同梱されているという徹底ぶりだ。

外寸に関しては高さ、幅、スタンドの奥行きともに通常の27インチのiMacとの違いはない。重量のみが、後述する冷却機構と給電機能の再設計の影響もあってか、わずかに約260グラム増えて、9.7キロとなっている。

ディスプレイは5K解像度を持つ27インチタイプのみが採用されており、21インチモデルは提供しない。性能面に関しては先行する2017年の世代と同様に10ビットカラーに対応し、輝度は500ニト、カラースペースは広色域に「DCI-P3」対応した最新タイプになっている。

 

革新は裏側に

違いを感じるのが背面だ。インターフェイス類、たとえばサンダーボルトはほかのMac同様に2から3に変更されており、ポート数も4つとiMacより2個多く搭載されている。加えてUSB 3(タイプA)が4つ用意されているため、最大8つのUSB機器をハブなしに直接接続できる。周辺機器を多用するヘビーユーザにとってはかなりの朗報だろう。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

AppleがiMac Proを作った本当の理由
プロを魅了するモンスターマシンその隠された真価を読み解く

<<

「iMac Proが超スゴイ理由」の目次