Command+Eye Command+Eye

脱獄コミュニティを支えたリポジトリが相次いで閉鎖

ポストPC時代に衰退する脱獄アプリ市場の今

文●山下洋一

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

iPhoneの歴史の初期において、ユーザや開発者を巻き込んだ大きなムーブメントを起こした「脱獄」。Appleの脱獄対策を、脱獄コミュニティがすぐに破るというイタチごっこが長く続いていたが、iPhoneが10周年を超えて成長し続ける一方で、脱獄アプリ市場が終焉を迎えようとしている。

 

PC隆盛期に支持された脱獄

脱獄(ジェイルブレイク)環境向けのアプリやファイルの配信プラットフォームである「シディア(Cydia)」。その三大標準リポジトリ(データ貯蔵庫)のうちの2つが活動を停止した。

ひとつは、モッドアイが提供していた「モッドマイアイ(ModMyi)」。配信済みのアプリやテーマにはアクセスし続けられるものの、パッケージの追加やアップデートは行われない。もうひとつはテーマが充実していた「ZodTTD & MacCiti」だ。ツイッターに閉鎖を匂わすメッセージがポストされたのみだが、新しいリリースやアップデートが行われない状態が続いており、事実上の閉鎖宣言と見られている。残る「ビッグボス(BigBoss)」は活動を継続しているものの、かつてのようにユーザを脱獄に踏み出させるほどの話題性のある脱獄アプリは見当たらない。ユーザの減少は明らかで、このままでは広告に頼る配信プラットフォームはいずれ立ち行かなくなりそうだ。

そもそも「脱獄」とは、OSに設けられている制限を解除し、アップストア以外からのアプリをインストールしたり、SIMロックフリー化など、デバイスを自由にカスタマイズできるようにする改造行為を指す。iOSの脱獄の歴史は古く、まだiOSがiPhone OSと呼ばれていた頃にコミュニティが形成されていた。当時のiOSの自由度は低く、ホーム画面のカスタマイズ、フォルダ管理、ロック画面のウイジェットなど、脱獄によってできたことがたくさんあった。

システムの中枢にアクセスする脱獄はリスクを伴う。セキュリティが低下し、デバイスを乗っ取られる危険性もある。電力消費が激しくなるといったパフォーマンスの低下も見られ、最悪の場合はデバイスが動作しなくなることもあった。

「デジタルネイティブ」と呼ばれる今日の若いiOSユーザは、脱獄のような無秩序を認めたら混乱が生じると考えるだろう。しかし、その頃はPC隆盛期であり、ユーザの任意でアプリをインストールでき、好きに手を加えられる脱獄が「自由」と見なされ、多くの人たちに支持された。脱獄の合法性を巡る議論においても、米国でデジタルミレニアム著作権法の広範すぎる解釈が見直された際に、モバイルデバイスの脱獄は免除事項に含まれるという判断が下された。それからはiOSのアップデートでアップルが脱獄対策を施し、それを脱獄コミュニティが破るというイタチごっこが繰り広げられた。

 

 

  • 69d6196738d473994bc8ba27ef7df464.jpg

10年の歴史に幕を下ろしたModMyi。サーバ費用だけで赤字という状況で、今後の成長を見込めないことから閉鎖に踏み切った。リポジトリの新所有者はアーカイブを作成したSaurikITに移る。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧