Command+Eye Command+Eye

Apple Watchでエクササイズ! ついに「Gym」ともつながる

Apple Watchでエクササイズ!ついに「Gym」ともつながる

文●松村太郎

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

Appleは、Apple Watch向けOSの最新版、watchOS 4.2を2017年12月6日にリリースした。このアップデートは、Apple Watchをジムで活用している人にとって、非常に重要なアップデートになる。Gymkitによってエクササイズマシンと連動することで、Apple Watchの利便性はさらに高まるだろう。

 

 

  • fbc87c5f83233cd6de1039454aede54c.jpg

watchOS 4.2で追加されたGymkitにより、ジム内のエクササイズマシンとApple Watchが容易に連携できるようになる。カロリー、距離、速度、登った階数、傾斜、ペースなど、スマートウォッチとフィットネスマシンの間でこれまでやりとりされることのなかったデータがシームレスに同期する。

Photo/apple.com

 

 

ヘルスコンシャスの高まり

アップルは2017年6月に開催されたWWDC(世界開発者会議)で「ウォッチOS4(watchOS 4)」に搭載される新機能として「ジムキット(GymKit)」を披露した。このAPIはアップルウォッチ(Apple Watch)とジムにあるエクササイズマシンを連携させることによって、より正確な運動のデータをアップルウォッチに集めることができる仕組みだ。

アップルウォッチは2015年4月の発売以来、フィットネス用途に注力していた。ウェアラブルデバイスとしては非常に正確な心拍計やモーションセンサを内蔵し、アップルは運動による消費カロリーを算出するためのアルゴリズムを開発、アップルウォッチを身につける最初の動機を作り出した。

そしてアップデートによって防水対応することでスイミングの計測を可能にしたり、GPSを内蔵することで単体での屋外ジョギングやスキーの計測もサポートした。そして、最新のアップルウォッチシリーズ3ではセルラー(携帯電話通信機能)内蔵モデルを実現し、アップルウォッチだけを身につけてエクササイズに出かけても、通話やメッセージのやりとりを可能にした。もちろん、登場当初からアップルの電子決済サービスであるアップルペイ(Apple Pay)に対応しており、財布を持っていなくてもコンビニで買い物することだってできる。

エクササイズ中に音楽を楽しむ方法も拡がった。ウォッチOS4ではアップルミュージック(Apple Music)からのセルラー通信でのストリーミングをサポートし、あらかじめプレイリストを用意しなくても好きな音楽を自由に楽しめるほか、「ビーツ1(Beats1)」などのラジオも再生できる。

アップルウォッチはすでに、手首に身につけられるスマートフォンのような存在へと進化し、その多くの要素が、エクササイズを楽しむ人にとって快適なライフスタイルの実現へ振り向けられている。

 

ジムでの問題解決

アップルウォッチは屋外のジョギングやウォーキングなどでも非常に快適に利用できるが、もう1つのエクササイズの場所はスポーツジムだ。室内ジョギングや室内バイク、プールスイミング、筋力トレーニングなど、さまざまなメニューを一箇所で行える。

アップルはジムでのアップルウォッチ活用に対しても積極的に取り組んでおり、ここ数年で人気が高まっている「クロスフィット」のアルゴリズムも、ウォッチOS4で「高強度インターバルトレーニング」として採用された。

しかし、ジムの中で解決できていない問題が存在していた。それは、マシンとアップルウォッチの計測データがバラバラになってしまっている点だ。

たとえば筆者は、毎回こんな経験をしてきた。ジムにある室内バイクで30分間のトレーニングを行った際、アップルウォッチでは250キロカロリーしか計測されていないが、マシンの画面では300キロカロリーが計測されているのだ。せっかく頑張ったのに、50キロカロリー少ないカウントは、なんだか損した気分になってしまう。

この計測差異の原因は、アップルウォッチが心拍数だけを頼りにカロリー計算をしているからだ。一方で室内バイクマシンには、ペダルの負荷、回転数、擬似的な走行距離など、心拍数以外のさまざまなデータがあり、これらを元にカロリー計算をしている。室内ジョギングや室内ウォーキングでも、GPSによる距離の計測ができないため、少ないデータでのカロリー計算をせざるを得なくなっていた。

 

ジムキットの仕組み

アップルウォッチのジムでの活用における問題解決は、プライバシーに配慮しながらより正確な運動計測を行い、「ヘルスケア」アプリにエクササイズを記録できるようにすることだ。そこで、アップルウォッチとジムのマシンを連携させる仕組みを作るためのAPIとして誕生したのがジムキットだ。

ジムキットを利用するには、ウォッチOS4.2以降を導入したアップルウォッチと、NFCとブルートゥースが搭載され、ジムキットに対応するエクササイズマシンが必要となる。

アップルウォッチでワークアウトアプリを起ち上げ、マシンのNFCリーダにタップすると、アップルウォッチとマシンがブルートゥースで接続される。あとはいつものようにエクササイズを行うだけだ。すると、アップルウォッチにマシンからのデータが吸い上げられ、1つのワークアウトとして記録される。このデータは、iPhoneのヘルスケアアプリから確認できるようになる。非常にシンプルな仕組みとなっている。

他のマシンへ移る場合は、再びアップルウォッチをそのマシンにタップすれば、すぐに新しいエクササイズを始めることができる。

エクササイズマシンは、ライフフィットネス(LifeFitness)やテクノジム(Technogym)など、日本でも利用されている大手ブランドがサポートしており、最新モデルでなくても、NFCとブルートゥースを内蔵していれば、ソフトウェア更新でジムキット対応を行うことができるそうだ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧