Command+Eye Command+Eye

iPhoneを有効活用するオガタファミリークリニックの取り組み

医療の確実性を支えるFileMaker

文●山田昇

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

データベース・モバイルアプリ開発プラットフォームの「FileMakerソリューション」は、医療機関で広い支持を集めている。2017年2月に開業した婦人科及び不妊症専門病院「オガタファミリークリニック」もこのFileMakerを中心とした院内システムを導入しているが、そこには医療の人為ミスを防ぐための工夫が凝らされていた。

 

人為ミスをどう防ぐか

婦人科・不妊治療を専門に扱うオガタファミリークリニックでは、診療支援や検体管理にファイルメーカーソリューションで構築したシステムを導入している。不妊治療では、卵子や精子、胚といった検体の取り違えが絶対に起きないことが必要だが、このクリニックでは、取り違えを確実に防ぐ仕組みをファイルメーカーで実現していた。

同院では患者の情報をバーコードで管理しており、検体の容器にバーコードを貼って管理する。検体を扱うときはこのバーコードを読み取って取り違えを防いでいるが、通常のバーコードリーダで赤外線を照射することで検体に何らかの影響を与える恐れも無視できない。そこで同院では、iPhoneのカメラでバーコードを読み取り、ファイルメーカーのモバイルソリューションである「ファイルメーカーGo」で認証管理を行っている。この認証管理システムでは、対象患者と異なるバーコードを読み取った場合にエラーが出るだけでなく、胚の培養・凍結・融解・移植において工程に誤りがあった場合にもエラーを出す仕組みになっている。医療ミスを決して起こしてはならないという気負いは医師にストレスをかけるが、人為ミスを防ぐシステムを設けることで医師の精神的負担を軽減している。

一方、診療支援システムは、同院の緒方誠司院長が自らファイルメーカーで開発した。開業が決まってから開発を始め、わずか2カ月で運用できるレベルのものを作り上げたという。現在も、緒方洋美副院長・培養部門部長をはじめ、10名を超えるスタッフの意見や要望を聞きながら改良を続けているそうだ。

同院はほかにも、システムロードの電子カルテ「RACCO」や日本医師会標準のレセプトソフト「ORCA」、オフショアの診療予約・受付メールシステム「アットリンク」を導入している。ファイルメーカーのデータベースはファイルメーカー・サーバ内に保存され、電子カルテとはODBC(マイクロソフトが開発したデータベース接続のプロトコル)で接続されている。

 

 

  • 60c2b9453bfd99b05795a24f64904997.jpg
  • 734826b9ec29762c0bdf4a2a9893d8d4.jpg

兵庫県芦屋市のオガタファミリークリニックは、2017年2月に開業したばかり。FileMakerでシステムを開発した院長の緒方誠司氏(右)と、副院長で培養部門部長の緒方洋美氏(左)。【URL】http://www.ogatafamilyclinic.com




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧