Command+Eye Command+Eye

Apple Park Visitor Centerで「Memory Card」を購入

Appleの歴代プロダクトで「神経衰弱」を楽しもう

文●編集部

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

Appleの新社屋「Apple Park」内にあるVisitor CenterにはApple Storeが併設されており、ほかでは手に入らない限定グッズを購入することができる。今回、Appleの歴代プロダクトで神経衰弱を楽しめる「Memory Card」をゲット。さっそく遊んでみた。

 

アイブのお気に入り製品か

アップルの新社屋「アップルパーク(Apple Park)」内にある「ビジターセンター(Visitor Center)」が2017年11月17日に一般向けにオープンした。この中には本社キャンパスを模した模型や、オリーブの木々に囲まれたカフェエリアのほかに、アップルストア(Apple Store)が設けられている。インフィニットループ(Infinite Loop)という名で知られる元本社にもアップルストアはあるが、ビジターセンター内のアップルストアでは、ほかにない限定グッズを購入することができる。

その中から、今回は歴代のアップルプロダクトのシルエットが印刷された「メモリーカード」を入手。計48枚のカードには24種類のアップル製品が描かれており、2枚1組のペアを集めて遊ぶ「神経衰弱」を楽しむことができる。

描かれている製品がどんな基準で選ばれたのかは定かではないが、カードの背面には「Designed by Apple in California」と刻印があることから、アップル製品の中でも特にデザイン面でエポッックメイキングだったプロダクトが選ばれているようだ。たとえば、MacBookエアやiMac、Macプロ、アップルウォッチ、iPhone、iPodタッチ、iPodシャッフルなどなど。中には、今は懐かしいiMac G3やG4キューブ、iPodソックスなどもあり、神経衰弱自体の面白さだけではなく、カードをめくって「これって、なんの製品だっけ?」と思い出しながらみんなで楽しくプレイできる。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧